Home » Cello-Cafeブログ » カワハギ 2018.1.11(木)

カワハギ 2018.1.11(木)

category : Cello-Cafeブログ 2018.1.11 

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
既に1月も半ばに入ってしまいましたが、本年もよろしくお願いいたします。

先日、初めてカワハギの肝を食べたのですが、これがおいしいのです。これまでカワハギの肝はおいしいどころか、食べられることさえ全く知らなかったのですが、魚屋さんでさばいてもらったときに、魚屋の大将が「肝は本当に旨い。絶品だから、絶対食べて!」と教えてくださったのです。そして、肝を残して他の内臓はきれいにとってくださっていました。
“旨い”とは言っても、世の中には色々な種類の“旨さ”があるのでいったいどんな旨さなのか・・・。実はすごく苦くてその苦みがたまらない、とかそういう類なのもしれない、と一抹の不安を覚えながら煮つけにしていただきましたが、いや、本当においしかった!フォアグラみたいな濃厚なおいしさです(フォアグラなんてかつて出席した披露宴の料理くらいでしか食べたことがありませんので、味の記憶を辿って・・・。)
調べてみるとカワハギの肝は「肝醤油」にしてお刺身と一緒にも食べたりするんですね。そんなふうにして食べたらさぞおいしいであろう!と膨らむ妄想。
魚屋さんだからこそ、そうやって教えてもらえるし、そのようにさばいてもくれるし、新年早々ありがたかったです。おまけに買いやすいお値段です。
もしフォアグラを買おうとしたら、私は値段に躊躇してたぶん買えないと思いますが、カワハギの肝は、カワハギの“身”に絶品が“勝手に付いてくる”ようなものですからお財布にもやさしい(笑)。

ご馳走様でした。

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

暑かった夏はいつの間にか姿を消し、気が付けば秋真っただ中です。 湿度が高く過酷だった夏を、楽器にはな
「胃腸薬チェロ」という薬をみつけました。特段胃腸がおかしかったわけではなく、たまたまドラッグストアで
楽器が持つ音色っていったいなんなのでしょうか。 楽器が同じでも弓が変われば全然違う顔を見せますし、楽
チェリストのカザルスによって世界中に広まった「鳥の歌」。1971年、94歳のカザルスが国連平和賞受賞
この春は「須磨浦普賢象(すまうらふげんぞう)」という八重桜を見ました。ソメイヨシノが咲ききって、もう
on music project

Copyright(c) 2022 チェロカフェ All Rights Reserved.