Home » Cello-Cafeブログ » 職人技 2023.12.28(木)

職人技 2023.12.28(木)

category : Cello-Cafeブログ 2023.12.28 

職人さんがクロス貼りをする現場を目にする機会がありました。
梁があったりして複雑な形にクロスを貼らなければいけなかったのですが、なんとも見事に貼られていって、心の中で感嘆詞が何度も飛び出しました。たまに口からも出ていましたが!
きっと基本的に人に見られるお仕事ではないかと思いますので、あんまり見ていたら悪いなとは思いましたが、気になって気になって複数名がその作業を鑑賞。貼り終わった後、「見られていたので緊張しました・・・」とのコメントと共にようやく笑顔になられて、やっぱりプレッシャーをかけてしまっていたのだなと申し訳なく思いつつも、見ることができた嬉しさの方が勝っていたり。それからは訪れた先々で、このクロスもどなたかが貼ったのだなと、気になるようになってしまいました。職人さんってすごいなと思った出来事でした。
世の中には様々な職人さんが活躍されていますが、私の楽器や弓もどこかの職人さんが作ってくださったと思います。どんなふうに、何を思いながら作られたのでしょう。まさか後々日本で使われることになろうとは職人さんも楽器自身も思わなかったのではないかと思いを馳せてしまいます。

今年も1年間ありがとうございました。
皆様お健やかに年末年始をお過ごしください。
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

最近、昔弾いた曲をさらい直してみています。前はテンポも全く安定していなかったことに今頃気付きメトロノ
ブルーグラスの演奏会を聴きました。ブルーグラスとはアメリカ南部に入植したスコッチ・アイリッシュの人々
職人さんがクロス貼りをする現場を目にする機会がありました。 梁があったりして複雑な形にクロスを貼らな
チェロを続けているといろいろな出会いがあります。 新しく出会う人の中には長く弾いてこられた方、チェロ
今日11月3日は「ゴジラの日」であり、今年は生誕70周年とのことで、「ゴジラ-1.0」の映画も公開に
on music project

Copyright(c) 2023 チェロカフェ All Rights Reserved.