Home » Cello-Cafeブログ » お豆 2016.6.2(木)

お豆 2016.6.2(木)

category : Cello-Cafeブログ 2016.6.2 

春はお豆の季節ですね。ということで「うすいえんどう」や「そら豆」を堪能。
これらの豆はサヤから出す必要があるので、多少手間がかかるとはいえ、サヤを開けると豆が顔(?!)を揃えている感じ、それから特にそら豆はサヤに守られている感じがなんとも言えないですね。

IMG_3353
↑うすいえんどうの皆さんお揃いで。

IMG_3376
↑そら豆。サヤの中のふわふわのワタに大事に大事に包まれている感じがよい。

~所感~
うすいえんどうは豆の周りにワタはないけれど、あのサヤでちゃんと豆を守ることはできているのですね。そら豆は大きすぎて、あのくらいのワタがないと豆を守りきれないのか・・・。ワタと言うと、そういえばかぼちゃも種の周りにもワタがあるけど、あんなに分厚くて硬い果肉部分に守られているのにさらにワタで種子を守るとは。何か他の理由があるのかな。でも、もしかぼちゃにワタがなくてあの硬い実の塊だったら、たぶん包丁では切れないので、台所で斧を振り回すか、、、いや、かぼちゃ切り専用の器具が開発されていたか、カット販売だったんだろうな・・・なんて、とりとめもないことを考えてしまいました(笑)。

上記のお豆たちはその後おいしくいただきました♪

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

チェリストのカザルスによって世界中に広まった「鳥の歌」。1971年、94歳のカザルスが国連平和賞受賞
この春は「須磨浦普賢象(すまうらふげんぞう)」という八重桜を見ました。ソメイヨシノが咲ききって、もう
桜も咲き始めやっと春を感じられる季節になってきました。それにしても今年の冬は寒かった気がします。 冬
今日は猫の日ですね。猫はかわいいです。 猫といえば「猫ふんじゃった」という曲があります。楽譜にすると
今日は節分です。節分には鬼退治をします。 鬼というと、頭に角が生えていて、髪はもじゃもじゃで、虎の模
on music project

Copyright(c) 2022 チェロカフェ All Rights Reserved.