Home » Cello-Cafeブログ » チェロの左側 2018.8.10(金)

チェロの左側 2018.8.10(金)

category : Cello-Cafeブログ 2018.8.10 

自分のチェロの左側面を何気なく見てみたら、初めて見たかのような新鮮さがありました。
こんな模様だったんだとか、そもそもこんな色だったんだ、とか。色も模様も右側面と似ていますが、人の右手と左手がちょっとづつ違うみたいに、パッと見の印象が全然違うことに驚きました。
右側面は楽器を横に寝かせて置くときにいつも見ているし、裏板は弾いていてちょっと疲れたなと思って体から楽器を離したときや、横に寝かせて置いてあるときに目に入るし、表板は弾くときに見えるし、楽器の出し入れのときにも必ず見ています。左側面が目に触れることはなんて少ないのかと、今更ながら思った次第です。楽器とは長い付き合いなのに、まさにまだ自分の知らない“一面”があった!という軽い感動です(笑)。愛着も増すってものですね。

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

先日、町でおばあさんに「今は6月ですよね?」と話しかけられました。曜日や日付を人に確認することはあっ
チェロを持って信号待ちしていたら、「すみません、それはチェロですか?」と話しかけられました。 チェロ
最近、昔弾いた曲をさらい直してみています。前はテンポも全く安定していなかったことに今頃気付きメトロノ
ブルーグラスの演奏会を聴きました。ブルーグラスとはアメリカ南部に入植したスコッチ・アイリッシュの人々
職人さんがクロス貼りをする現場を目にする機会がありました。 梁があったりして複雑な形にクロスを貼らな
on music project

Copyright(c) 2023 チェロカフェ All Rights Reserved.