Home » Cello-Cafeブログ » チェロの左側 2018.8.10(金)

チェロの左側 2018.8.10(金)

category : Cello-Cafeブログ 2018.8.10 

自分のチェロの左側面を何気なく見てみたら、初めて見たかのような新鮮さがありました。
こんな模様だったんだとか、そもそもこんな色だったんだ、とか。色も模様も右側面と似ていますが、人の右手と左手がちょっとづつ違うみたいに、パッと見の印象が全然違うことに驚きました。
右側面は楽器を横に寝かせて置くときにいつも見ているし、裏板は弾いていてちょっと疲れたなと思って体から楽器を離したときや、横に寝かせて置いてあるときに目に入るし、表板は弾くときに見えるし、楽器の出し入れのときにも必ず見ています。左側面が目に触れることはなんて少ないのかと、今更ながら思った次第です。楽器とは長い付き合いなのに、まさにまだ自分の知らない“一面”があった!という軽い感動です(笑)。愛着も増すってものですね。

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

『チェロの100年史』という本を読んでいます。少し前にご紹介いただいてこの本の存在を知りまして、よう
お賽銭までもがいよいよキャッシュレス化する時代が来たようです。なんだかしっくりこないという気持ちを抱
昭和前半に書かれた小説を読みました。心に染みる、深い感慨を残すものでしたが、解説がまたよかったです。
しばらく読まずに置いてあった本を読んでいます。 著者はもう亡くなられたのですが、アマチュアとして音楽
世界でご活躍のフランス出身のチェリスト、フランソワ・サルクさんにインタビューさせていただきました。
on music project

Copyright(c) 2020 チェロカフェ All Rights Reserved.