‘Cello-Cafeブログ’

ドイツ語の音階はCDEFGAH・・・「シ」だけ急にH。 そしてシに♭が付くとB。♭系はesが付く形なので、CesとかGesとか言っているのに、シ♭だけ突然B。 そういうものだと思って丸覚えして使っていたけれど、改めて考え…続きを読む

『チェロの100年史』という本を読んでいます。少し前にご紹介いただいてこの本の存在を知りまして、ようやく読み始めました。 21世紀を生きる私たちからするとチェロは古くからある物ですし、演奏スタイルは多少の違いはあれど人に…続きを読む

お賽銭までもがいよいよキャッシュレス化する時代が来たようです。なんだかしっくりこないという気持ちを抱えつつ、この時代に生きている以上受け入れていかないと仕方ないかとも思う今日この頃。 そもそもお賽銭とはいったいなんなので…続きを読む

昭和前半に書かれた小説を読みました。心に染みる、深い感慨を残すものでしたが、解説がまたよかったです。 というのは、有名な小説家の作品でありながら、解説を書かれた方は物語のオチについて「解決の仕方がこれでは弱い」と、その理…続きを読む

しばらく読まずに置いてあった本を読んでいます。 著者はもう亡くなられたのですが、アマチュアとして音楽に長く携わってこられた方で、音楽に携わってきたその方の歴史とともにいろいろな思いが書かれています。生前に短い期間でしたが…続きを読む

世界でご活躍のフランス出身のチェリスト、フランソワ・サルクさんにインタビューさせていただきました。 来日中の大変お忙しい中、移動中の僅かな時間でのインタビューとなりましたが、大変貴重な時間となりました。 言葉が通じないも…続きを読む

あけましておめでとうございます。 今年もどうぞよろしくお願いいたします。 今年はネズミ年。 ネズミとチェロをむりやり組み合わせて思い浮かぶのは、宮沢賢治の『セロ弾きのゴーシュ』。 病気の子ネズミをチェロのf字孔から中に入…続きを読む

チェロを持って歩いていたら、「それはヴィオラですか?」と声をかけられました。コントラバスとかギターと言われることは度々ありますが、ヴィオラと言われたのは初めてでした。分数サイズのチェロを持ち運んだときは、「古楽器ですか?…続きを読む

先日、本番が終わってエンドピンにゴムを付けようとしたのですが、ゴムが見当たりません。どこに入れたか全く記憶がなかったのですが、ポケットには無く、舞台やその周辺にも見当たりません。もしかして無意識でカバンにでも入れたのかも…続きを読む

香月麗さんのインタビュー記事を掲載させていただきました。 香月さんは2017年に日本音楽コンクールで優勝されて、現在ご活躍のお若いチェリストです。お優しい語り口で、ご自身のチェロへの向き合い方を語ってくださいました。大変…続きを読む

on music project

Copyright(c) 2019 チェロカフェ All Rights Reserved.