Home » Cello-Cafeブログ » サラサーテのチェロ特集 2016.4.5(火)

サラサーテのチェロ特集 2016.4.5(火)

category : Cello-Cafeブログ 2016.4.5 

既にご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、弦楽器マガジン『サラサーテ』の69号(2016/4)はチェロ特集です!!若手から大御所まで、たくさんのチェリストの方々の記事が読めますし、奏法のこと、演奏する上での曲の解説など、内容は盛りだくさんです!※Cello Cafeは、『サラサーテ』と特段関係ありませんので、宣伝しているわけではありません(笑)。

曲の解説なんて大変真剣に読んでしまったので、とりあえずその通りに練習してみました。普段、初めて曲をさらうときに考えていることと言ったら「ここはなんとか弾けそうだな!」とか「ここはたくさん練習しないと弾けないな・・・」とか「これはとても弾けそうにないや~」とか、そんなことばっかりで、音の進行がどうなっているとかそんなこと頭に浮かびませんよ。言われれば確かにそうですが、最初から自分で分析するのはちょっと無理なので、こうして解説に書いてくださると、とてもありがたいですね・・・。解説の意味がだいたい理解できたので、とりあえずはよしとしよう!まあそれをそのとおりに音にできるかは、今後の練習次第であります(笑)。それにしても、こんなこと読み解いて考えながらチェロが弾けるなんてすごい・・・。私も昔より多少は考えられるようになったとはいえ、一つのことを考えるのにすごく時間がかかるので、これでは全然追いつかないわ~。まだまだこれから頑張ります。

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

ドイツ語の音階はCDEFGAH・・・「シ」だけ急にH。 そしてシに♭が付くとB。♭系はesが付く形な
『チェロの100年史』という本を読んでいます。少し前にご紹介いただいてこの本の存在を知りまして、よう
お賽銭までもがいよいよキャッシュレス化する時代が来たようです。なんだかしっくりこないという気持ちを抱
昭和前半に書かれた小説を読みました。心に染みる、深い感慨を残すものでしたが、解説がまたよかったです。
しばらく読まずに置いてあった本を読んでいます。 著者はもう亡くなられたのですが、アマチュアとして音楽
on music project

Copyright(c) 2020 チェロカフェ All Rights Reserved.