Home » Cello-Cafeブログ » その楽器は? 2019.11.20(火)

その楽器は? 2019.11.20(火)

category : Cello-Cafeブログ 2019.11.20 

チェロを持って歩いていたら、「それはヴィオラですか?」と声をかけられました。コントラバスとかギターと言われることは度々ありますが、ヴィオラと言われたのは初めてでした。分数サイズのチェロを持ち運んだときは、「古楽器ですか?」と興味深げに聞かれ、まさかそう来るとは思わず驚きました。古楽器の可能性を考えるなんて、自分では弾かないけどクラシック音楽が好きな方なのでしょうか。
最近はチェロの認知度も上がってきたのか、「チェロですか?」と正しく聞かれることが比較的増えたように思いますが、テレビなどで知っていても実際に目の前にすると思ったより大きいとか小さいとか、違う楽器だと思うのかもしれませんね。
それにしても、「この楽器はなんだろう」という疑問を、いきなり声をかけて聞くなんて勇気がいる気がしますが、声をかける勇気より興味の方が勝っているということなんでしょうね。たまにそこから「うちの孫はヴァイオリンをやっていてね」なんて、会話に繋がることもあり、電車を降りるまでの一瞬ですがなかなか面白いものです。

 

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

2022年も残すところあと僅か。 今年、今更勉強になったこと。 「切手の縁の白いところが欠けてイラス
暑かった夏はいつの間にか姿を消し、気が付けば秋真っただ中です。 湿度が高く過酷だった夏を、楽器にはな
「胃腸薬チェロ」という薬をみつけました。特段胃腸がおかしかったわけではなく、たまたまドラッグストアで
楽器が持つ音色っていったいなんなのでしょうか。 楽器が同じでも弓が変われば全然違う顔を見せますし、楽
チェリストのカザルスによって世界中に広まった「鳥の歌」。1971年、94歳のカザルスが国連平和賞受賞
on music project

Copyright(c) 2022 チェロカフェ All Rights Reserved.