Home » Cello-Cafeブログ » 立ち話でチェロ話 2024.4.6(土)

立ち話でチェロ話 2024.4.6(土)

category : Cello-Cafeブログ 2024.4.6 

チェロを持って信号待ちしていたら、「すみません、それはチェロですか?」と話しかけられました。
チェロを聴くのがお好きな方で、信号が一度青になり、また赤になり、もう一度青になるまでチェロの話をしていました。「弾くのは難しいですか?」と聞かれたので、それはもう難しいとしか言えないけれど、その一言で片付けてしまうのもなんか違うなと思い、難しいことも楽しいことも話したけれど、あの短時間で何か伝わっただろうか。チェロという楽器が意外と身近にあるということを感じていただけたら、そしてチェロを弾いてみたいなと思っていただけたら嬉しいなと思います。
偶然の出会いでしたが、束の間の楽しいひとときでした。

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

先日、町でおばあさんに「今は6月ですよね?」と話しかけられました。曜日や日付を人に確認することはあっ
チェロを持って信号待ちしていたら、「すみません、それはチェロですか?」と話しかけられました。 チェロ
最近、昔弾いた曲をさらい直してみています。前はテンポも全く安定していなかったことに今頃気付きメトロノ
ブルーグラスの演奏会を聴きました。ブルーグラスとはアメリカ南部に入植したスコッチ・アイリッシュの人々
職人さんがクロス貼りをする現場を目にする機会がありました。 梁があったりして複雑な形にクロスを貼らな
on music project

Copyright(c) 2023 チェロカフェ All Rights Reserved.