Home » Cello-Cafeブログ » インタビュー 2018.1.26(金)

インタビュー 2018.1.26(金)

category : Cello-Cafeブログ 2018.1.26 

チェリスト伊藤悠貴さんのインタビュー記事をUPしました。いつものことながら長文になってしまいましたが、せっかく文字制限がないのでそこを生かして少しでも奏者の内側をお伝えできればと思い、お付き合いくださる方が読んでくだされば本望と思って敢えてこの長さです。
ラフマニノフに対しての伊藤さんの強い思いをお聞きして、私はこれまでラフマニノフをあまり聴かずにきたことに気付いて曲を聴いてみたり、お話の中に出てきたロストロポーヴィチ作曲のユーモレスクを聴いてみたり、少しだけ世界が広がりました。
また新たなチェリストにお話を伺う機会を得ることができ、興味深く楽しかったです!
気さくにお話くださった伊藤さんに感謝申し上げます。

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

湿度の高い季節がやってきます。湿度の高い日は楽器の音が鳴りづらい感じがします。そしてチェロが重い感じ
先日、町でおばあさんに「今は6月ですよね?」と話しかけられました。曜日や日付を人に確認することはあっ
チェロを持って信号待ちしていたら、「すみません、それはチェロですか?」と話しかけられました。 チェロ
最近、昔弾いた曲をさらい直してみています。前はテンポも全く安定していなかったことに今頃気付きメトロノ
ブルーグラスの演奏会を聴きました。ブルーグラスとはアメリカ南部に入植したスコッチ・アイリッシュの人々
on music project

Copyright(c) 2024 チェロカフェ All Rights Reserved.