Home » Cello-Cafeブログ » 1000チェロ 分奏レポート№2 2015.1.21(水)

1000チェロ 分奏レポート№2 2015.1.21(水)

category : Cello-Cafeブログ 2015.1.21 

1月17日に行われた「愛知県豊田市分奏」に参加してきました。

この日は阪神淡路大震災から20年にあたる日でした。この「1000人のチェロコンサート」は阪神淡路大震災の復興を祈念して始まったコンサートということもあり、全員で黙祷を捧げてからの練習開始となりました。
練習は、最初から最後まで全ての曲を一通り弾きました。私も含めて、ようやくだんだん曲に慣れてきたかな、という印象です!先生からも指導がありましたが、どこのパートがメロディを弾いているのかを意識しなければいけません。難しいのは“全パートチェロ”だということです(笑)1番パートはかなりの高音域を弾いているもようですが、全体で見たら音色の違いがほとんどないので普通に弾いたらやっぱり埋もれがちです。それにメロディーや大切なフレーズは全てのパートに出てきます。分奏の段階ではそれぞれのパートの人数にだいぶ偏りもあるので余計に難しいんですが、聴き誤って弾き過ぎたりするとメロディが沈んでしまったり・・・。スコア(総譜)がないので、その時々で常に意識を張り巡らせていないといけませんが、お恥ずかしながらまだ完全に音符が自分のものになっていないせいで、たまに楽譜に釘付けになります・・・(苦笑)。余裕を持って弾けるようにしなければいけませんね、、、頑張ります。それから、楽譜のミスやボウイングなど、田久保先生のホームページに指示が出ているのでそちらの確認が必要と思われます。

この日も、休憩中に隣に座っている方々とお話しましたが、はじめてお話する方々でもあの場ではチェロの同士(?)です!みなさんチェロを始められたきっかけもいろいろのようで、そういうやりとりもとても楽しいですね♪

次回練習まで、またしばらく頑張りたいと思います!

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

2022年も残すところあと僅か。 今年、今更勉強になったこと。 「切手の縁の白いところが欠けてイラス
暑かった夏はいつの間にか姿を消し、気が付けば秋真っただ中です。 湿度が高く過酷だった夏を、楽器にはな
「胃腸薬チェロ」という薬をみつけました。特段胃腸がおかしかったわけではなく、たまたまドラッグストアで
楽器が持つ音色っていったいなんなのでしょうか。 楽器が同じでも弓が変われば全然違う顔を見せますし、楽
チェリストのカザルスによって世界中に広まった「鳥の歌」。1971年、94歳のカザルスが国連平和賞受賞
on music project

Copyright(c) 2022 チェロカフェ All Rights Reserved.