Home » Cello-Cafeブログ » ピアノ分解 2018.10.6(土)

ピアノ分解 2018.10.6(土)

category : Cello-Cafeブログ 2018.10.6 

とある施設に行ったら、ちょうどピアノを分解して調整していました。
分解されたピアノを初めて目にしたので、衝撃と興味であちこち見てしまいました。
了承をいただいたので写真を撮らせていただきました。
ピアノ1  ピアノ2
鍵盤って、見えない部分はまっすぐになっているわけではないのですね。鍵盤を叩いたときの重さを調整するために、一つ一つの鍵盤にそれぞれおもりを入れてバランスがとれるようにしているとか、見えないところにいろいろな工夫がされているのですね。
いったいいつだれが最初にこういう仕組みの楽器を考えたのでしょう。

ということで、ちょっと調べてみたら、イタリアのバルトロメオ・クリストフォリ・ディ・フランチェスコさんが発明したそうで、1700年にはピアノは既に存在していたようです。ただ、19世紀にさらに改良が加えられるまでは、当時は今よりも単純な構造だったみたいです。彼は、チェンバロの音が強弱の変化に乏しいことを不満に思ってピアノを発明したそうですが、やはり“必要は発明の母”というところでしょうか。バルトロメオ・クリストフォリ・ディ・フランチェスコさんのおかげで、今素敵なピアノの曲をたくさん聴けるのですね!

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

ゴールデンウィークです。 もう始まっている方も明日からという方も、あと5日あります。 旅に出たり、遊
先日入ったお店で音楽が流れていました。その音楽を聞いて、もう閉店するのだな、と思い時計を見ると、なん
以前、ヴァイオリンを電車に置き忘れた、という話を聞きました。新幹線の網棚に乗せたことを忘れて下車して
2022年も残すところあと僅か。 今年、今更勉強になったこと。 「切手の縁の白いところが欠けてイラス
暑かった夏はいつの間にか姿を消し、気が付けば秋真っただ中です。 湿度が高く過酷だった夏を、楽器にはな
on music project

Copyright(c) 2022 チェロカフェ All Rights Reserved.