Home » Cello-Cafeブログ » 伊藤悠貴さんチェロコンサート 2014.10.19(日)

伊藤悠貴さんチェロコンサート 2014.10.19(日)

category : Cello-Cafeブログ 2014.10.19 

IMG_1101

先日、伊藤悠貴さんのチェロコンサートに行ってきました。
この伊藤さんのコンサートは、宗次ホールさんのチラシでここ最近よく目にしていて、「新星チェリスト現る」という歌い文句がついていて気になっていたものでした。
演奏はとても素晴らしかったです!正に“新星”ですね。1989年生まれということは若干25歳という若さですが、堂々たる演奏でした。伊藤さんのために作曲された日本初演の曲が2曲もあり、他にエルガー、ディーリアス、ラフマニノフ、というかなりしっかりとしたプログラムでしたが、疲れることなく最後まで楽しめました!伊藤さんのために作曲されたハーツェル作曲の「エッシーの踊り」という曲がよかったです~。伝わってきました。解説文によるとこの曲は、美しい農家の娘「エッシー」がダンサーになりたいという夢を強く持ちながらも、それを叶えることはできなかった。けれどもエッシーのその強い願望は失われることはなく、エッシーのようにいつの世も人々を大きな夢に駆り立てる人生における輝きと情熱、その夢をかなえた人もそうでなかった人もひとしく讃える、という曲だそうです。夢をかなえた(?)伊藤さんだからこその感情があり、客席の私たちにもそれが伝わってきたのかなと思いました。
初めて聴く演奏家はわくわくしますね。全体を通して、個人的には、表現力もあり“おしゃれ”な演奏だと思いました!ピアノの須関裕子さんも素晴らしかったです!次回また是非足を運びたいと思いました。
今後のご活躍を願っております。

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

チェリストのカザルスによって世界中に広まった「鳥の歌」。1971年、94歳のカザルスが国連平和賞受賞
この春は「須磨浦普賢象(すまうらふげんぞう)」という八重桜を見ました。ソメイヨシノが咲ききって、もう
桜も咲き始めやっと春を感じられる季節になってきました。それにしても今年の冬は寒かった気がします。 冬
今日は猫の日ですね。猫はかわいいです。 猫といえば「猫ふんじゃった」という曲があります。楽譜にすると
今日は節分です。節分には鬼退治をします。 鬼というと、頭に角が生えていて、髪はもじゃもじゃで、虎の模
on music project

Copyright(c) 2022 チェロカフェ All Rights Reserved.