Home » Cello-Cafeブログ » 新年 2020.1.6(月)

新年 2020.1.6(月)

category : Cello-Cafeブログ 2020.1.6 

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年はネズミ年。
ネズミとチェロをむりやり組み合わせて思い浮かぶのは、宮沢賢治の『セロ弾きのゴーシュ』。
病気の子ネズミをチェロのf字孔から中に入れてゴーシュが演奏するのを聴かせると、具合がよくなるシーン。宮沢賢治自身もチェロを弾いたそうなので、チェロの振動がふくよかで心地いいということを知っていたのかもしれません。

今年も、皆さまにとって幸多いよい一年になりますようお祈り申し上げます。

 

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

2022年も残すところあと僅か。 今年、今更勉強になったこと。 「切手の縁の白いところが欠けてイラス
暑かった夏はいつの間にか姿を消し、気が付けば秋真っただ中です。 湿度が高く過酷だった夏を、楽器にはな
「胃腸薬チェロ」という薬をみつけました。特段胃腸がおかしかったわけではなく、たまたまドラッグストアで
楽器が持つ音色っていったいなんなのでしょうか。 楽器が同じでも弓が変われば全然違う顔を見せますし、楽
チェリストのカザルスによって世界中に広まった「鳥の歌」。1971年、94歳のカザルスが国連平和賞受賞
on music project

Copyright(c) 2022 チェロカフェ All Rights Reserved.