Home » Cello-Cafeブログ » チェロの話とどうでもいい話  2018.3.20(火)

チェロの話とどうでもいい話  2018.3.20(火)

category : Cello-Cafeブログ 2018.3.20 

高校生の男子の隣でチェロを弾く機会がありました。
昨年はまだ中学生だった彼とは1年ぶりの再会でしたが、急に大人になっていて本当に驚きました。
チェロももちろん上手になっていましたし、そして対応が大人でした(笑)。
一緒に弾いてみて、丁寧な“よい音”で弾いていて、ハッとさせられました。
“よい音”というのは、何をもって“よい音”というのか大変難しいですし、深く考えすぎるとはまっていくだけなのでこれ以上の思考は止めますが、彼の音に心が救われたのと同時に、この純粋な心意気はどこかに置いてきた気もしたりして、せつなくなり・・・。
もちろん上手くなりたいという気持ちはあるので、今の自分は昔より進歩した結果ということにしておきたいんですけどね。(様々な音色を作るのって本当に難しい・・・。)

こんなことを書いていたらなんとなくつらくなってきたので、一つどうでもいい話。
庶民派の中華料理のお店でラーメンを食べたときに、ラーメンの上に固ゆでのゆで卵が半分乗っていました。黄身はしっかり固ゆでになっていて、白身の様子も特に味が染みていそうでもなく、ただ乗っけただけの普通のゆで卵です。
食べようと思ってお箸で持ち上げたら、そのゆで卵は半分に切られたものではなく、なんと“輪切り”でした。ラーメンに輪切りのゆで卵だなんて、びっくりしました(笑)。

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

暑かった夏はいつの間にか姿を消し、気が付けば秋真っただ中です。 湿度が高く過酷だった夏を、楽器にはな
「胃腸薬チェロ」という薬をみつけました。特段胃腸がおかしかったわけではなく、たまたまドラッグストアで
楽器が持つ音色っていったいなんなのでしょうか。 楽器が同じでも弓が変われば全然違う顔を見せますし、楽
チェリストのカザルスによって世界中に広まった「鳥の歌」。1971年、94歳のカザルスが国連平和賞受賞
この春は「須磨浦普賢象(すまうらふげんぞう)」という八重桜を見ました。ソメイヨシノが咲ききって、もう
on music project

Copyright(c) 2022 チェロカフェ All Rights Reserved.