Home » Cello-Cafeブログ » 弾くのか弾かないのか 2019.4.5(金)

弾くのか弾かないのか 2019.4.5(金)

category : Cello-Cafeブログ 2019.4.5 

細かいパッセージがうまく弾けなかったので、ちゃんと(?)弾けるようになりたいと思い、練習したら少しはましになりました。でも今度は「それだと“ちゃんと”弾きすぎ」ということで、どこを弾いてどこを弾かないかを考えなければならなくなりました。とりあえずやってみると、自分ではただうまく弾けていないだけのような気もしましたが「それで十分」と。
じゃあ、最初の“ただうまく弾けない”状態でよかったかと言うと、たぶんそれは本当に弾けていないだけなので(笑)、ダメですよね。「弾けるんだけど(上手に弾けてはいないですが)弾かない」というのはそれはそれで難しい。まずはちゃんと弾けるようにして、その上で“どう弾くか”ということなんでしょうけど・・・。和音のこととか知識の面で勉強したことを音楽にどう反映するのか、そこを繋げるのがまた難しい。でも、まあ自分程度のレベルでもそれをあれこれ考えながらやってみるのも楽しいものです。

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

暑かった夏はいつの間にか姿を消し、気が付けば秋真っただ中です。 湿度が高く過酷だった夏を、楽器にはな
「胃腸薬チェロ」という薬をみつけました。特段胃腸がおかしかったわけではなく、たまたまドラッグストアで
楽器が持つ音色っていったいなんなのでしょうか。 楽器が同じでも弓が変われば全然違う顔を見せますし、楽
チェリストのカザルスによって世界中に広まった「鳥の歌」。1971年、94歳のカザルスが国連平和賞受賞
この春は「須磨浦普賢象(すまうらふげんぞう)」という八重桜を見ました。ソメイヨシノが咲ききって、もう
on music project

Copyright(c) 2022 チェロカフェ All Rights Reserved.