Home » Cello-Cafeブログ » 神棚の榊 2014.6.26(木)

神棚の榊 2014.6.26(木)

category : Cello-Cafeブログ 2014.6.26 

家に神棚があり、榊をお供えしてあるのですが、その榊をいつ新しいものに取り換えるかいつも迷います。
毎日お水を交換し(たまに忘れます。神様申し訳ありません)葉を見るのですが、全然枯れる気配がないのでどうしようかと。日が経つとさすがに少しずつ枯れて葉が減ってくるので、そろそろ新しい榊と取り換えようかとも思うのですが、神聖なものだしまだ生きていると思うと簡単に捨てては行かん!と思って、結局葉が減ってきた榊を見上げながらそのままです。
ある時期から国産の榊を買うようになって、それがすごく寿命が長いのです。まだ、燃やすなりできれば気持ちも違うと思いますが、可燃ごみにポイッと捨てるのはどうも忍びなくて・・・。いよいよ葉が落ちてスカスカになってきたぞ、と思った時、ようやく新しい榊と取り換えます。
調べると「毎月1日と15日に榊を取り換える」と書いてあったりしますが、一方では「枯れなければ気にせず、決まった日に取り換える必要はない」という記事もあります。2週間程度ではまだ相当生き生きしてしていますので、私はこれまでどおり後者でやっていこうと思います。
ネットって、180度違うことが書かれていたりいろいろですが、自分にとって都合のよい方の情報を信じるというか、その情報をみつけて安心するというか、、、都合いいですね(笑)

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

暑かった夏はいつの間にか姿を消し、気が付けば秋真っただ中です。 湿度が高く過酷だった夏を、楽器にはな
「胃腸薬チェロ」という薬をみつけました。特段胃腸がおかしかったわけではなく、たまたまドラッグストアで
楽器が持つ音色っていったいなんなのでしょうか。 楽器が同じでも弓が変われば全然違う顔を見せますし、楽
チェリストのカザルスによって世界中に広まった「鳥の歌」。1971年、94歳のカザルスが国連平和賞受賞
この春は「須磨浦普賢象(すまうらふげんぞう)」という八重桜を見ました。ソメイヨシノが咲ききって、もう
on music project

Copyright(c) 2022 チェロカフェ All Rights Reserved.