Home » Cello-Cafeブログ » 水ぶくれ 2019.7.11(木)

水ぶくれ 2019.7.11(木)

category : Cello-Cafeブログ 2019.7.11 

先日親指ポジションの練習をしていたのですが、左親指に小さな水ぶくれができてしまいました。元々、タコはあるのかないのかわからない程度のさりげない薄いものしかなかったため、あまり急にたくさん親指を使うと水ぶくれができるかもという懸念はありました。様子を見ながら練習していたのですが結局ダメでした。いよいよ痛くて、早く治らないかなと思っていたらその夜夢をみました。真珠大の水ぶくれが左親指にできていて、ちょんちょんとつついたら、それがポロッと取れて、てのひらでころころ転がすというちょっと気持ち悪い夢。
現在はその小さな水ぶくれは潰れて、痛みは治まりました。多少は硬くなったかな。いつも、タコを維持しておこうと思うのですが、親指を使う曲をやっていないとつい練習をさぼるので、いざ必要になった時にまた痛い思いをするんですよね…。

ピチカートを多様する曲のときも右手の指先に水ぶくれが出現したことがあります。水ぶくれを回避するには、毎日痛くなる寸前に練習をやめると少しづつ硬くなって水ぶくれにならない、と言われたことがありますが、そんなちょうどよく練習なんてできませんよ。まあ、ピチカート多用する曲を弾くことは滅多にないですが。

それにしても、左の親指を使う奏法なんて、一体誰が考えたんでしょうね。そのおかげで、できることが増えたりポジション移動せずに楽に弾けるのかもしれませんが、苦労もしますね。もう不安定ったらないです(笑)。

 

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

「胃腸薬チェロ」という薬をみつけました。特段胃腸がおかしかったわけではなく、たまたまドラッグストアで
楽器が持つ音色っていったいなんなのでしょうか。 楽器が同じでも弓が変われば全然違う顔を見せますし、楽
チェリストのカザルスによって世界中に広まった「鳥の歌」。1971年、94歳のカザルスが国連平和賞受賞
この春は「須磨浦普賢象(すまうらふげんぞう)」という八重桜を見ました。ソメイヨシノが咲ききって、もう
桜も咲き始めやっと春を感じられる季節になってきました。それにしても今年の冬は寒かった気がします。 冬
on music project

Copyright(c) 2022 チェロカフェ All Rights Reserved.