Home » Cello-Cafeブログ » 本のカバー 2016.9.20(火)

本のカバー 2016.9.20(火)

category : Cello-Cafeブログ 2016.9.20 

本を借りました。
何気なく表紙をめくったら、表紙カバーの絵の作者の名前が書かれていて、それは「原田維夫さん」、あの偉大なチェリスト原田禎夫さんのお兄様でいらっしゃいました。
たぶん本当に“二度見”したと思います(笑)。この偶然に驚いて、慌てて表紙の版画をまじまじと見直したことは言うまでもありません・・・。
元々、版画にはほんの少し興味があり、素敵な表紙だとは思ったのですがまさか原田さんの作品だったとは。
多少興味があるといっても版画の世界にそれほど詳しいわけでもなく、版画家と言ったら棟方志功さんくらいしかパッと思い出せないくらいな中で(すみません)、原田維夫さんのお名前がちらっと目の片隅に映り込んだだけで、瞬間的に原田さんのお兄様だと気付いたことが、驚きでした。でもしばらくすると、なんで表紙を見たときから原田維夫さんの作品だと気付かなかったんだろうかと、変な後悔が・・・(笑)。

それにしてもこの本を借りてよかった~!!(←なんて単純(笑)。)

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

「胃腸薬チェロ」という薬をみつけました。特段胃腸がおかしかったわけではなく、たまたまドラッグストアで
楽器が持つ音色っていったいなんなのでしょうか。 楽器が同じでも弓が変われば全然違う顔を見せますし、楽
チェリストのカザルスによって世界中に広まった「鳥の歌」。1971年、94歳のカザルスが国連平和賞受賞
この春は「須磨浦普賢象(すまうらふげんぞう)」という八重桜を見ました。ソメイヨシノが咲ききって、もう
桜も咲き始めやっと春を感じられる季節になってきました。それにしても今年の冬は寒かった気がします。 冬
on music project

Copyright(c) 2022 チェロカフェ All Rights Reserved.