Home » Cello-Cafeブログ » モルゴーア・クァルテット 2014.7.11(金)

モルゴーア・クァルテット 2014.7.11(金)

category : Cello-Cafeブログ 2014.7.11 

IMG_0303 - コピー

先週、NHKのおはよう日本を見ていたら、「モルゴーア・クァルテット」が出演されていました!モルゴーア・クァルテットの存在はもちろん知ってはいましたが(チェロはN響の藤森亮一さん、ヴァイオリンは荒井英治さん、戸澤哲夫さん、ヴィオラは小野富士さん)、実は聴いたことはありませんでした。この方々はロックを演奏されたりしているのですね~。インタビューの中のお話で「弦楽器のかすれた音は、ロックのスピリットに繋がっている」と仰っていて、私はロックはほとんど聞いたことがないのですが、それでも演奏している映像を見て「確かに・・・」と納得できそうなものを感じ、ロックを身近にさえ感じました。インタビューアーの方も、「こうしてお話している時にはエネルギーを前面に感じるわけではないのに、演奏しているときのエネルギーはすごい」と仰っていて、本当にそう思いました。モルゴーアの方々に限らずご活躍の演奏家の方々は、往々にしてそういう“ギャップ”みたいなものがすごいですよね・・・。

最近発売された「原子心母の危機」というCDは、ピンク・フロイドというロックバンドが1970年に発表した「原子心母」のCDのパロディだそうで、その“元”の方をあまりに知らなさ過ぎてアレなんですが、、、こういう場合は逆にパロディから先に入って、後から本物を知るという流れでもよさそうですね。それで、その「原子心母の危機」は、「東日本大震災から3年が経ち、今の時代へのメッセージが込められている」とのことでしたが、モルゴーア・クァルテットのHPに発売記念のコメント映像や、ダイジェスト試聴、LIVE映像の一部などがありましたので、ご興味のある方はHPを見に行ってみてください~~。

このインタビューの最後にモルゴーア・クァルテットのどなたかが「きれいに音を出すのではなく、個性を競い合わせて音楽を作る」と仰っていて、その言葉が凄すぎて溜め息が出ました(笑)これは一度CDかLIVEを聴かないといけません!

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

チェリストのカザルスによって世界中に広まった「鳥の歌」。1971年、94歳のカザルスが国連平和賞受賞
この春は「須磨浦普賢象(すまうらふげんぞう)」という八重桜を見ました。ソメイヨシノが咲ききって、もう
桜も咲き始めやっと春を感じられる季節になってきました。それにしても今年の冬は寒かった気がします。 冬
今日は猫の日ですね。猫はかわいいです。 猫といえば「猫ふんじゃった」という曲があります。楽譜にすると
今日は節分です。節分には鬼退治をします。 鬼というと、頭に角が生えていて、髪はもじゃもじゃで、虎の模
on music project

Copyright(c) 2022 チェロカフェ All Rights Reserved.