Home » Cello-Cafeブログ » なぜ「シ」は「H」で「シ ♭」は「B」なのか 2021.6.11(金)

なぜ「シ」は「H」で「シ ♭」は「B」なのか 2021.6.11(金)

category : Cello-Cafeブログ 2021.6.11 

ドイツ語の音階はCDEFGAH・・・「シ」だけ急にH。
そしてシに♭が付くとB。♭系はesが付く形なので、CesとかGesとか言っているのに、シ♭だけ突然B。
そういうものだと思って丸覚えして使っていたけれど、改めて考えてみるとなぜなのでしょう。

便利なインターネットで調べてみると、理由がありました。
色々な説があるようですが、簡単に言うと昔はシではなくてシ♭で歌うことが一般的だったようで、シ♭をb、普通のシはbのフォントを変えて表していたけれど印刷の都合でhと書くようになったようです。アルファベットのgの次がhだからという説もあるようですが。

そう解説されれば、そうなんだ、と思わなくもないですが、「シ♭が一般的」といのがスッと飲み込めない感じではあります。きっと、ちゃんと勉強して教会音楽などで歌われていた当時の歌を聴いたらもう少し理解が深まるかもしれませんが、そこまでする気力がないのでこれまで通りそういうものとして使わせていただきたいと思います(笑)。

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

チェリストのカザルスによって世界中に広まった「鳥の歌」。1971年、94歳のカザルスが国連平和賞受賞
この春は「須磨浦普賢象(すまうらふげんぞう)」という八重桜を見ました。ソメイヨシノが咲ききって、もう
桜も咲き始めやっと春を感じられる季節になってきました。それにしても今年の冬は寒かった気がします。 冬
今日は猫の日ですね。猫はかわいいです。 猫といえば「猫ふんじゃった」という曲があります。楽譜にすると
今日は節分です。節分には鬼退治をします。 鬼というと、頭に角が生えていて、髪はもじゃもじゃで、虎の模
on music project

Copyright(c) 2022 チェロカフェ All Rights Reserved.