Home » Cello-Cafeブログ » 仲裁役 2014.9.10(水)

仲裁役 2014.9.10(水)

category : Cello-Cafeブログ 2014.9.10 

先日、とあるプロオーケストラのチェロのトップ(首席奏者)の方が“トップの仕事”についてお話されていまして、こんなことを仰っていました。
「みんなをリードしていくのも仕事だけど、仲裁役でもあるんです(笑)」

仲裁役。

これは、初めて聞く仕事内容・・・。“リードしていく”っていうのはわかります。テレビでプロオーケストラの映像を見ていても、トップの席に座っている方は時にイスから飛び出していくんじゃないかと思うくらいのリアクションで、みんなを引っ張っていってますよね。
でも“仲裁役”ってどういうことだろうと思っていたら、「オーケストラの中で後ろの方の奏者と指揮者の解釈が違ったりしたときに、うまく場を取り持って一つにまとめる」ということなんだそうです。ほほー、いろいろあるんですな。すごく精神をやられそうなきつい立場ですね・・・。
同じ人物でもトップじゃない席に座って弾いているときと、トップの席で弾いているときとで弾き方が全然違うのは、やはり役割が全然違うからってことですね。首席奏者としてご活躍の皆様、どうかお体をお大事に、と願わずにはいられません。

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

2022年も残すところあと僅か。 今年、今更勉強になったこと。 「切手の縁の白いところが欠けてイラス
暑かった夏はいつの間にか姿を消し、気が付けば秋真っただ中です。 湿度が高く過酷だった夏を、楽器にはな
「胃腸薬チェロ」という薬をみつけました。特段胃腸がおかしかったわけではなく、たまたまドラッグストアで
楽器が持つ音色っていったいなんなのでしょうか。 楽器が同じでも弓が変われば全然違う顔を見せますし、楽
チェリストのカザルスによって世界中に広まった「鳥の歌」。1971年、94歳のカザルスが国連平和賞受賞
on music project

Copyright(c) 2022 チェロカフェ All Rights Reserved.