Home » Cello-Cafeブログ » 卵の殻 2014.6.20(金)

卵の殻 2014.6.20(金)

category : Cello-Cafeブログ 2014.6.20 

IMG_0221

すごくどうでもいい話です(笑)。
生卵を割ろうとしたら、殻の内側にある薄皮が分厚かったのか、殻だけがはがれて薄皮が残りました。
ちょっとテンションが上がって、薄皮を破らないように半分ぐらい殻をむいていき、、、ちょっと奇妙な感じになってきました。
いよいよ薄皮も破れるかと思って、めくれかかっていた薄皮をそーっと引っ張ってみたら、なんと、さらにもう1枚薄皮がむけて、極めて薄そうな皮が残りました。

調べてみたら、あの薄皮は「外卵殻膜」と「内卵殻膜」という2枚の卵殻膜がくっついてできているみたいです。もしかしたら昔、生物の授業で習ったかもしれません・・・。でももう忘れていました。カラザ(黄身にくっついている白い糸状の物体)が卵白の一部で、卵ができるときに捻られてカラザになる、っていうことを習った覚えはあります。(ウソだったらごめんなさい)。
それにしても生卵で、2枚の膜の存在を確認できたのは初めてでした。

その後ほどなくして薄皮は破れ、無事に卵料理にありつくことができました。

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

チェリストのカザルスによって世界中に広まった「鳥の歌」。1971年、94歳のカザルスが国連平和賞受賞
この春は「須磨浦普賢象(すまうらふげんぞう)」という八重桜を見ました。ソメイヨシノが咲ききって、もう
桜も咲き始めやっと春を感じられる季節になってきました。それにしても今年の冬は寒かった気がします。 冬
今日は猫の日ですね。猫はかわいいです。 猫といえば「猫ふんじゃった」という曲があります。楽譜にすると
今日は節分です。節分には鬼退治をします。 鬼というと、頭に角が生えていて、髪はもじゃもじゃで、虎の模
on music project

Copyright(c) 2022 チェロカフェ All Rights Reserved.