Home » Cello-Cafeブログ » 日本の夏は 2019.8.22(木)

日本の夏は 2019.8.22(木)

category : Cello-Cafeブログ 2019.8.23 

今年も暑い夏となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
チェロをいつも置いてある部屋があまりにも暑いので、涼しい部屋へ移動させました。

先日、調弦し終わっていざ弾こうとしたら「パキッ」と何やら音がして、何かと思ったらD線が緩んでいました。あらまあ、と思ってペグで調整していたら、隣のA線のペグがゆるゆるーっと緩んで行き、おやおや、と思ってA線も調整していたら、今度はG線がスーっと下がっていき、何事!!、と思っていたらついにはC線まで力なく戻っていきました。触ってもいないのに4弦一気に緩むなんて一大事です。「おい!急にどうした!!」と思わずチェロに突っ込んでしまいました。
幸い順番に緩んでくれたので、コマが落ちずに済みました。本当によかった。

外は猛烈に暑かったり屋内は寒いくらいに涼しかったり、そして湿度は高いし、チェロにとっても過酷な日本の夏のようです。でももう少し頑張れば秋がやってきます。
それまで皆さまも、お体とともに楽器もお大事にしてください。

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

2022年も残すところあと僅か。 今年、今更勉強になったこと。 「切手の縁の白いところが欠けてイラス
暑かった夏はいつの間にか姿を消し、気が付けば秋真っただ中です。 湿度が高く過酷だった夏を、楽器にはな
「胃腸薬チェロ」という薬をみつけました。特段胃腸がおかしかったわけではなく、たまたまドラッグストアで
楽器が持つ音色っていったいなんなのでしょうか。 楽器が同じでも弓が変われば全然違う顔を見せますし、楽
チェリストのカザルスによって世界中に広まった「鳥の歌」。1971年、94歳のカザルスが国連平和賞受賞
on music project

Copyright(c) 2022 チェロカフェ All Rights Reserved.