Home » Cello-Cafeブログ » プラジャーク弦楽四重奏団による公開レッスン2014.6.16(月)

プラジャーク弦楽四重奏団による公開レッスン2014.6.16(月)

category : Cello-Cafeブログ 2014.6.16 

IMG_0223

先週、「プラジャーク弦楽四重奏団による若手カルテットへの公開レッスン」を聴きにいってきました。
レッスンを受講していたのは、愛知県立芸術大学2年生による「クァルテット・ダモーレ」と、愛知県立芸術大学院生&卒業生による「カルテット・アホイ」の2グループ。カルテット・ダモーレはモーツァルトの「狩」の第1楽章を、カルテット・アホイはモーツァルトの「不協和音」の第1楽章をそれぞれ演奏されていました。2グループともお上手でしたが、プラジャークの方々がアドバイスをすると面白いくらい音が変わるんです。レッスンではテンポのことをよくおっしゃていて、「今のは、『もうちょっとで電車がくるから急がなきゃ』っていうふうに聞こえるよ」とか、そう言われると確かにそんなふうに聞こえます。
「リハでとにかく自分たちのテンポをみつけること。絶対みつかるはず。それで、そのテンポで各自がメトロノームで練習するんだよ」と。プラジャーク弦楽四重奏団のような世界に名をとどろかせているカルテットの方々がおっしゃっていたのは、すごく地味で(?)、基本中の基本のようなこと。他にも強弱のつけかたのことなども仰っていましたが、結局のところ“基本”が大切なんですね・・・。しかしそれをするのがいかに難しいことかと!身につまされます。プラジャークの方々はもちろん技術やひきだしをたくさんたくさんお持ちだとは思うのですが、当たり前のことかもしれませんがやっぱり全て基本の上に成り立っているということですね。
あ、プラジャークの皆様のイチオシアイテムは“ヤマハのメトロノーム”でした(笑)。

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

暑かった夏はいつの間にか姿を消し、気が付けば秋真っただ中です。 湿度が高く過酷だった夏を、楽器にはな
「胃腸薬チェロ」という薬をみつけました。特段胃腸がおかしかったわけではなく、たまたまドラッグストアで
楽器が持つ音色っていったいなんなのでしょうか。 楽器が同じでも弓が変われば全然違う顔を見せますし、楽
チェリストのカザルスによって世界中に広まった「鳥の歌」。1971年、94歳のカザルスが国連平和賞受賞
この春は「須磨浦普賢象(すまうらふげんぞう)」という八重桜を見ました。ソメイヨシノが咲ききって、もう
on music project

Copyright(c) 2022 チェロカフェ All Rights Reserved.