Home » Cello-Cafeブログ » グーとパーでチーム分け 2021.10.26(火)

グーとパーでチーム分け 2021.10.26(火)

category : Cello-Cafeブログ 2021.10.26 

小学生の子たちが、メンバーを2つに分けるためにグーとパーの掛け声でジャンケンをしているのを目にしました。この時の掛け声というのは、地方によっていろいろあるようなのです。
「グーとパーでわかれましょ」とか、「グーとパーで合わせ」とか、「グッパージャス」などなど。

自分が子供の頃はグーとパーでジャンケンしていましたが、隣の小学校の子たちはグーとチョキでやっていたり、さらにはてのひらの表と裏でやるパターンも目にしました。同じ市内でもジャンケンの手形の組み合わせが違ったり、それどころかてのひらを使うという、ジャンケンの形ですらなくなってしまっていたりして、いったい誰がこれほどいろんなパターンを作り出したのでしょうね。全国で見たら、ものすごく多様な掛け声がありそうです。
大人になると2つにチーム分けするという状況があまりありませんが、いざというときには便利ですし、県外の人とは全く掛け声が違ったりして面白そうです。

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

体のバランスというのはなんて繊細にできているのでしょうか。 どこかが崩れると別のどこかにも支障をきた
小学生の子たちが、メンバーを2つに分けるためにグーとパーの掛け声でジャンケンをしているのを目にしまし
ドイツ語の音階はCDEFGAH・・・「シ」だけ急にH。 そしてシに♭が付くとB。♭系はesが付く形な
『チェロの100年史』という本を読んでいます。少し前にご紹介いただいてこの本の存在を知りまして、よう
お賽銭までもがいよいよキャッシュレス化する時代が来たようです。なんだかしっくりこないという気持ちを抱
on music project

Copyright(c) 2020 チェロカフェ All Rights Reserved.