Home » Cello-Cafeブログ » チェリストを囲んで 2016.11.16(水)

チェリストを囲んで 2016.11.16(水)

category : Cello-Cafeブログ 2016.11.16 

先日、敬愛するチェリストのおひとりを囲んで、皆でお話する機会がありました。
さっぱりとした物言いと、愛情深いお人柄に惹きこまれてお話を伺っていましたが、「演奏家は、作曲者を超えなくてはいけない」と仰っていて、私ごときのレベルでは、もうさっぱりつていけない感じでしたが、それでも掘り下げてお話してくださると、意図がみえてきたり、これまでのご経験に裏打ちされた言葉ばかりで、もう尊敬する以外にないです。その方のまっすぐな強さや温かさ、繊細さは、きっと強い信念から出てきたものなんだと思いますが、強い信念を持つということは、なかなか難しいように思ってしまいます。話のレベルが高すぎて、演奏家でも何でもない自分には伺ったお話を生かすチャンスはまるでありませんが、それでもこれから一体どういう気持ちでチェロを弾いていこうかと、行き先のない迷いのようなものが頭をかすめたり・・・。

別の方から以前に、「音楽に“アマチュア用”“プロ用”なんてない。音楽をするときは皆一緒のはずだ」というような話を伺ったことがあり、それぐらいの気概が必要なんだなと感じたことがありましたが、そこまでやるにはやはり相当の勉強が必要なような・・・。

やっぱりお話を生かすのは難しそうです。いや、でもまずはどんな形でも細々でも続けることでしょうか。もし続けるのが大変な時期がきたら少しお休みして、また再開したらいいと思いますし。
それはそれとして、そんな素晴らしい話だけでなく、懐かしい話もたくさんしたわけですが、昔の話なのに、初めて耳にした話もあり、いまさら驚いたり笑ったりで、なんとも刺激的な時間でした。

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

2022年も残すところあと僅か。 今年、今更勉強になったこと。 「切手の縁の白いところが欠けてイラス
暑かった夏はいつの間にか姿を消し、気が付けば秋真っただ中です。 湿度が高く過酷だった夏を、楽器にはな
「胃腸薬チェロ」という薬をみつけました。特段胃腸がおかしかったわけではなく、たまたまドラッグストアで
楽器が持つ音色っていったいなんなのでしょうか。 楽器が同じでも弓が変われば全然違う顔を見せますし、楽
チェリストのカザルスによって世界中に広まった「鳥の歌」。1971年、94歳のカザルスが国連平和賞受賞
on music project

Copyright(c) 2022 チェロカフェ All Rights Reserved.