Home » Cello-Cafeブログ » 現実 2016.3.18(金)

現実 2016.3.18(金)

category : Cello-Cafeブログ 2016.3.18 

こうして毎日生活していると、今日はどんなことがあって、明日は何をして、何を食べて・・・と日々を送りますが、例えば200年前の時代背景のテレビ番組を見ていると、自分のご先祖様もあの時代を生き抜いていたのだな、と100年、200年前に思いを馳せて脈々と繋がれてきたことに対して感慨にひたって、100年先の世界はどんなふうだろうと思ってみたりします。ところが先日、“宇宙の歴史”みたいな話をする機会があり、その中で出てくるのは、〇百年、〇千年、最後は〇億年単位の話で、そして、「日本」とか「世界」の話ではなく「銀河系」の話になっていき、あまりに規模が大きすぎて呆然としてしまいました・・・・・・。そうなると“自分”という存在がどれだけ小さくて、さらに日々の所用や悩みなど、すごく“どうでもいい”ことのように思ってしまったのでした・・・。でも、現実に立ち返ると、やっぱり“どうでもよくないこと”はたくさんあって(笑)、結局これまでと変わらない生活に戻ったのでした。
さて、明日は何をして、何を食べて~~~♪

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

この春は「須磨浦普賢象(すまうらふげんぞう)」という八重桜を見ました。ソメイヨシノが咲ききって、もう
桜も咲き始めやっと春を感じられる季節になってきました。それにしても今年の冬は寒かった気がします。 冬
今日は猫の日ですね。猫はかわいいです。 猫といえば「猫ふんじゃった」という曲があります。楽譜にすると
今日は節分です。節分には鬼退治をします。 鬼というと、頭に角が生えていて、髪はもじゃもじゃで、虎の模
今年も残すところあと僅かになりました。 冬の寒い毎日を過ごしていると、子供の頃にやっていた「火の用心
on music project

Copyright(c) 2021 チェロカフェ All Rights Reserved.