Home » Cello-Cafeブログ » バロックの楽器 2017.6.2(金)

バロックの楽器 2017.6.2(金)

category : Cello-Cafeブログ 2017.6.2 

先日、バロックチェロとヴィオラ・ダ・ガンバを弾く機会がありました。
バロックチェロはエンドピンがないために、まず構えるのがとっても難しいのです。脚の上にうまく乗せる感覚らしいのですが、不安定でどうしようもない。モダンチェロよりも楽器を立てて弾くので、左手を離したらチェロが前方に倒れていくのではないかという不安に駆られました。おまけに弓まで違うので、たどたどしいにもほどがあるという感じでした。ただ、全然できてはいませんでしたが、開放弦を鳴らすのに、“うまく響きを作りたくなる感じ”は少しわかりました。モダンチェロで弾く場合、つい力んで自分の近くでしか音が出ていない感じが常ですが、響きをうまく作って弾かないといけないんだということは、勉強になりました。
それにしても、以前ブログにも書いたことがありますが、エンドピンを発明したセルヴェさんには、改めて感謝します!

続いて、また別の日に弾いたヴィオラ・ダ・ガンバはもう笑うしかないレベルでした(笑)。バロックチェロで学んだ経験はほとんど生かされず・・・。今度は弦が6本もあるんです。そして4度調弦です。それだけでも混乱するのに1ヶ所だけ長3度調弦・・・。後で聞いたら調弦はギターと同じなんですかね?弦が6本もあるため、弾いている弦と押さえている弦が違うという事態が発生しました。
さらには知識も間違っていて、チェロの前身の楽器かと思っていたら、全く違う楽器なんですね。
でも音色はとても素敵でした。自分ではうまく音が出せずただ必死でしたが、弾ける方がちゃんと弾いていらっしゃるのを聴けたので、本当の音色がわかってよかったです。
両楽器ともまともに音は鳴らせませんでしたが、貴重な経験ができました。大事な楽器を弾かせてくださって、ありがとうございました!!

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

暑かった夏はいつの間にか姿を消し、気が付けば秋真っただ中です。 湿度が高く過酷だった夏を、楽器にはな
「胃腸薬チェロ」という薬をみつけました。特段胃腸がおかしかったわけではなく、たまたまドラッグストアで
楽器が持つ音色っていったいなんなのでしょうか。 楽器が同じでも弓が変われば全然違う顔を見せますし、楽
チェリストのカザルスによって世界中に広まった「鳥の歌」。1971年、94歳のカザルスが国連平和賞受賞
この春は「須磨浦普賢象(すまうらふげんぞう)」という八重桜を見ました。ソメイヨシノが咲ききって、もう
on music project

Copyright(c) 2022 チェロカフェ All Rights Reserved.