Home » Cello-Cafeブログ » アトリウムコンサート 2014.6.13(金)

アトリウムコンサート 2014.6.13(金)

category : Cello-Cafeブログ 2014.6.13 

P2014_0612_162743

昨日たまたま、ミッドランドスクエアでのアトリウムコンサートに遭遇。少し前にたまたま通りかかったら演奏会の準備中で、どなたが出演するのだろうと見てみるとチェロの山田真吾さん、フルート大竹由夏さん、ピアノ平山晶子さんによるフルートトリオでした。ラッキー♪山田真吾さんはこのHP内でも《チェロ教室のご紹介》のコーナーで紹介させていただいております素晴らしい若手チェリストの1人です。しばらくしてのぞいてみたらリハーサル中でしたが、普通に人々が行き来しているところなので、リハーサルというか半分本番みたいな感じになっちゃいますね。既に簡易的に並べられたイスには何名もお客様が座って聴いておられたし。本番と違うのは奏者が“普段着”ってことですかね。それはそれで新鮮(笑)
本番は楽しくて、1stステージも2ndステージも両方聴いてしまいました(笑)曲目もいくつか違うものを演奏するとのことだったので♪
チェロ山田さんのソロでマスネのエレジー、フルート大竹さんのソロや、チェロとフルートのデュオもあり、最後はトリオでダマーズのフルート・チェロ・ピアノのための演奏会用ソナタなど盛りだくさんでした!
ビルの入り口でおまけに吹き抜けの場所で、さすがにマイクを使用されていましたが、あのような場所でも乱れることなく演奏されていてとても楽しかったです☆それにみなさんトークもお上手です。かしこまりすぎず親しみのある話し方で、短い時間の中でも曲のこともお話されていてよかったです。無料で総計1時間以上も演奏を楽しませていただいて、逆に申し訳ないような気にさえなりました(笑)
また9月(だったかな?)に熱田文化小劇場のモーニングコンサートに、このフルートトリオでご出演されるとのこと。またチラシが手に入ったら(?)《演奏会・イベント情報》のコーナーでもご紹介します~。

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

暑かった夏はいつの間にか姿を消し、気が付けば秋真っただ中です。 湿度が高く過酷だった夏を、楽器にはな
「胃腸薬チェロ」という薬をみつけました。特段胃腸がおかしかったわけではなく、たまたまドラッグストアで
楽器が持つ音色っていったいなんなのでしょうか。 楽器が同じでも弓が変われば全然違う顔を見せますし、楽
チェリストのカザルスによって世界中に広まった「鳥の歌」。1971年、94歳のカザルスが国連平和賞受賞
この春は「須磨浦普賢象(すまうらふげんぞう)」という八重桜を見ました。ソメイヨシノが咲ききって、もう
on music project

Copyright(c) 2022 チェロカフェ All Rights Reserved.