Home » Cello-Cafeブログ » 衝撃なエンドピン 2014.4.18(金)

衝撃なエンドピン 2014.4.18(金)

category : Cello-Cafeブログ 2014.4.18 

先日、愛知県一宮市で行われた「スーパー・チェロ・アンサンブル・トウキョウ」を聴きに行って来ました。
チェロアンサンブルって頻繁には演奏会がないので、こういう機会は貴重です。
始まった瞬間から、みなさんかっこよくて、とてもわくわくしました♪
なんとシベリウスのフィンランディアをチェロ12人で演奏していて、管楽器のいないフィンランディアなんて初めて聴いたので面白かったです。もう“違う曲”ですね~。
奏者の方々皆さん楽しそうに弾いておられて、やっぱりチェロアンサンブルっていいな、と思いました。
チェロ弾きにとってチェロアンサンブルは、オーケストラや室内楽とはまた違って、何か特別なんですよね・・・。

ところで、この演奏会で気になったことが1つあって、それは林裕さんが使っていらっしゃったチェロの「エンドピン」です。
よく見たらL字に曲がっているではありませんか!!
30度くらい角度がついているものはこれまでにも目にしたことがありましたが、直角に曲がっているものは初めて見ました。
調べてみると見附精機工業さんが製造された「いなずまエンドピン」というものらしいです。名前が強そうです。
どういう弾き心地なんでしょうか、気になります。
しかし、こうして楽器も日々進化しているのですね~。

 

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

楽器が持つ音色っていったいなんなのでしょうか。 楽器が同じでも弓が変われば全然違う顔を見せますし、楽
チェリストのカザルスによって世界中に広まった「鳥の歌」。1971年、94歳のカザルスが国連平和賞受賞
この春は「須磨浦普賢象(すまうらふげんぞう)」という八重桜を見ました。ソメイヨシノが咲ききって、もう
桜も咲き始めやっと春を感じられる季節になってきました。それにしても今年の冬は寒かった気がします。 冬
今日は猫の日ですね。猫はかわいいです。 猫といえば「猫ふんじゃった」という曲があります。楽譜にすると
on music project

Copyright(c) 2022 チェロカフェ All Rights Reserved.