Home » Cello-Cafeブログ » リスト音楽院フェスティバル2014 2014.5.19(月)

リスト音楽院フェスティバル2014 2014.5.19(月)

category : Cello-Cafeブログ 2014.5.19 

IMG_0159

このHPでも紹介していた「リスト音楽院フェスティバル2014」を聴きに行ってきました。
岐阜市にある“真鍋記念館クララザール”での公演です。出演はチェロ:山田真吾さん、ヴァイオリン辻和余さん、ピアノ:五島史誉さんのピアノトリオでした。ピアノトリオなど弦楽器にピアノが加わると、チェロがピアノにかき消されそう・・・みたいなことがたまにある気がしますが、まったくそんなことはなく、ピアノもしっかり鳴る中でチェロがちゃんと支えていました。先日聴いた「Trio des fraises(トリオ デ フレーズ)」でもチャイコフスキーの「偉大なる芸術家の思い出」を演奏されていましたが、あの3人とはまた違って、双方楽しかったです!トリオの他に、ヴァイオリンとチェロによるヘンデル=ハルヴォルセンのパッサカリア、ピアノソロでリストのコンソレーション第3番、シューマン=リストの春の夜なども演奏され、それぞれの音色も楽しめました♪

それから5月17日(土)の毎日新聞朝刊に、佐藤有沙さんの記事が掲載されていました。今月25日(日)に名古屋市千種区の5/R(ファイブアール)Hall&Galleryで行われるソロリサイタル《Seul》についての記事でした。田中利光さん作曲の「独奏チェロのための八甲田山」など演奏されるようです。お時間ある方は是非☆

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

ドイツ語の音階はCDEFGAH・・・「シ」だけ急にH。 そしてシに♭が付くとB。♭系はesが付く形な
『チェロの100年史』という本を読んでいます。少し前にご紹介いただいてこの本の存在を知りまして、よう
お賽銭までもがいよいよキャッシュレス化する時代が来たようです。なんだかしっくりこないという気持ちを抱
昭和前半に書かれた小説を読みました。心に染みる、深い感慨を残すものでしたが、解説がまたよかったです。
しばらく読まずに置いてあった本を読んでいます。 著者はもう亡くなられたのですが、アマチュアとして音楽
on music project

Copyright(c) 2020 チェロカフェ All Rights Reserved.