Home » Cello-Cafeブログ » 古川展生&森山涼介デュオ 2014.5.22(木)

古川展生&森山涼介デュオ 2014.5.22(木)

category : Cello-Cafeブログ 2014.5.22 

IMG_0172

昨日豊田市コンサートホールで行われた「か~るくラシック イブニングコンサート 第8回 古川展生&森山涼介」を聴きに行ってきました。
お二人は東京都交響楽団に所属されている人気チェリストであるにもかかわらず、入場料なんと500円という破格の企画でした!休憩なしの1時間公演でしたが、お二人のソロ、チェロのデュオ、ピアノも入ってのトリオと十分すぎるほど楽しめました。終演後に通りすがったお客様も「5000円出してもいいくらいね~」なんて満足そうに仰ってました(笑)
古川さんと森山さんは以前にそれぞれ聴いたことがあったのですが、全然弾き方の違うお二人。まあ同じ弾き方をするチェリストなんて世界中探したって絶対いないですが、それは置いておいて・・・そんなお二人がチェロ2本で演奏するって一体どんな感じになるんだろう?と興味津津でした。
結果、全く違和感ないどころか、素晴らしかったです!同じオケで日々お仕事をされていて、そこからくる“信頼感”なのか“空気感”なのか、お二人で1つの空間を作り上げられていらっしゃいました。感動です。ピアノの坂野さんも絶妙でした。ドッツァーの2本のチェロのための二重奏曲は初めて聴きましたが、非常に技巧的なとても難しそうな曲なのになんなく弾かれていて、技術の高さも改めて目の当たりにした感じです。
8月には森山さんはQuartet Explloce(クァルテット・エクスプローチェ)というチェロカルテットのデビュー公演もあるようですし、最近いろいろチェロアンサンブルを聴ける機会が増えてきて、1聴衆としてはとても楽しみです~♪

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

ドイツ語の音階はCDEFGAH・・・「シ」だけ急にH。 そしてシに♭が付くとB。♭系はesが付く形な
『チェロの100年史』という本を読んでいます。少し前にご紹介いただいてこの本の存在を知りまして、よう
お賽銭までもがいよいよキャッシュレス化する時代が来たようです。なんだかしっくりこないという気持ちを抱
昭和前半に書かれた小説を読みました。心に染みる、深い感慨を残すものでしたが、解説がまたよかったです。
しばらく読まずに置いてあった本を読んでいます。 著者はもう亡くなられたのですが、アマチュアとして音楽
on music project

Copyright(c) 2020 チェロカフェ All Rights Reserved.