Home » Cello-Cafeブログ » シマトネリコの木 2017.8.8(火)

シマトネリコの木 2017.8.8(火)

category : Cello-Cafeブログ 2017.8.8 

シマトネリコ

街路樹として「シマトネリコ」という植物が植えられている通りがあり、ふと見上げてみると黄緑色の葉のような、でも葉でも花でもないようなものがあり、気になって調べてみたところ、“種”でした。
6月~7月にかけて小さい白い花を咲かせるようで、そう言えばそんな花が咲いていたのを見たような・・・。何気なく通り過ぎているだけだと、見ているようで見ていないものですね。秋になると、この種が茶色く熟すようです。
この種の形状からして、羽のような役割で種を遠くに飛ばそうとするのでしょうか?よくそんなふうに進化したな、と本当に不思議です。
庭木としても最近流行っているようなので、この木が庭にあるという方も意外と多いのかもしれません。
たまにしか通らない道ですが、これから通るたびに木の様子が気になりそうです。

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

チェリストのカザルスによって世界中に広まった「鳥の歌」。1971年、94歳のカザルスが国連平和賞受賞
この春は「須磨浦普賢象(すまうらふげんぞう)」という八重桜を見ました。ソメイヨシノが咲ききって、もう
桜も咲き始めやっと春を感じられる季節になってきました。それにしても今年の冬は寒かった気がします。 冬
今日は猫の日ですね。猫はかわいいです。 猫といえば「猫ふんじゃった」という曲があります。楽譜にすると
今日は節分です。節分には鬼退治をします。 鬼というと、頭に角が生えていて、髪はもじゃもじゃで、虎の模
on music project

Copyright(c) 2022 チェロカフェ All Rights Reserved.