Home » Cello-Cafeブログ » リプトン弦楽四重奏団 2014.10.31(金)

リプトン弦楽四重奏団 2014.10.31(金)

category : Cello-Cafeブログ 2014.10.31 

IMG_1142
リプトン弦楽四重奏団のランチタイムコンサートを聴きに行ってきました。
このリプトン弦楽四重奏団のチェロは、チェロカフェでチェロ講師をして下さっている紫竹友梨先生です!
休憩なしで1時間ほどのコンサートを1,000円で聴けるという、お手軽なコンサート。「どこかで1度は聞いたことがある」曲ばかりで、楽しいコンサートでした♪
アンダーソンの「プリンク・プランク・プルンク」ではチェロさん楽器をくるっと回す”技”??をやっていて、1階席のお客さんさちはザワザワと楽しそうでした!目の前で突然楽器を回されたらびっくりしますね(笑)ほとんどの曲がオーケストラやピアノの曲を弦楽四重奏バージョンにして演奏されていたのですが、1曲だけちゃんとした(?)弦楽四重奏曲の曲を弾いてくださいました~。メンデルスゾーンの弦楽四重奏曲第3番より第1楽章。この曲が練習も一番大変だったと仰っていましたが、やはり元々弦楽四重奏用に作られたんだなという感じで、曲も素敵ですし、演奏も素晴らしかったです♪

リプトン弦楽四重奏団は以前にも聴いたことがあったのですが、以前よりも一段と結束力が強まっている感じがしました!!楽しいコンサートをありがとうございました☆

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

チェリストのカザルスによって世界中に広まった「鳥の歌」。1971年、94歳のカザルスが国連平和賞受賞
この春は「須磨浦普賢象(すまうらふげんぞう)」という八重桜を見ました。ソメイヨシノが咲ききって、もう
桜も咲き始めやっと春を感じられる季節になってきました。それにしても今年の冬は寒かった気がします。 冬
今日は猫の日ですね。猫はかわいいです。 猫といえば「猫ふんじゃった」という曲があります。楽譜にすると
今日は節分です。節分には鬼退治をします。 鬼というと、頭に角が生えていて、髪はもじゃもじゃで、虎の模
on music project

Copyright(c) 2022 チェロカフェ All Rights Reserved.