Home » Cello-Cafeブログ » 失くし物発見 2019.10.1(火)

失くし物発見 2019.10.1(火)

category : Cello-Cafeブログ 2019.10.1 

先日、本番が終わってエンドピンにゴムを付けようとしたのですが、ゴムが見当たりません。どこに入れたか全く記憶がなかったのですが、ポケットには無く、舞台やその周辺にも見当たりません。もしかして無意識でカバンにでも入れたのかもと思いましたが、すぐに撤退しなければいけなったのでとりあえずそのまま楽器を片付けて会場を後にしました。
その後チェロを背負って自転車をこいで近くの喫茶店へ。そして入口を入ったところで、入口付近にいた他のお客さんから声をかけられました。

「楽器から何か落ちましたよ」

振り返って、渡されたのはエンドピンのゴムでした。一体どこから落ちてきたのでしょう???自転車でガタガタ揺られている間もどこかに必死に(?)くっついていて、喫茶店に入店した途端、ポロリと落下・・・。何から何まで不思議でならない出来事でしたが、消耗品とはいえみつかってよかったです。

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

暑かった夏はいつの間にか姿を消し、気が付けば秋真っただ中です。 湿度が高く過酷だった夏を、楽器にはな
「胃腸薬チェロ」という薬をみつけました。特段胃腸がおかしかったわけではなく、たまたまドラッグストアで
楽器が持つ音色っていったいなんなのでしょうか。 楽器が同じでも弓が変われば全然違う顔を見せますし、楽
チェリストのカザルスによって世界中に広まった「鳥の歌」。1971年、94歳のカザルスが国連平和賞受賞
この春は「須磨浦普賢象(すまうらふげんぞう)」という八重桜を見ました。ソメイヨシノが咲ききって、もう
on music project

Copyright(c) 2022 チェロカフェ All Rights Reserved.