Home » Cello-Cafeブログ » 松脂を拭く布 2014.6.23(月)

松脂を拭く布 2014.6.23(月)

category : Cello-Cafeブログ 2014.6.23 

IMG_0264

楽器を弾いたあとに、楽器を拭く布。あれ、みなさん洗濯どうしてますか?
私は布を折って使っていて、汚れると拭く面を順番に変えていき、裏まで使ってそろそろ全体が汚れてきたなと思ったら洗うんですが・・・。
(まあ、布を何度も折っているうちにどの面を使ったか次第にわからなくなり、最後の方は適当な感じになっちゃうんですけどね(笑))
ただ、その洗い方が問題なんです。私は衣類洗濯用の中性洗剤で手洗いしていますが、果たして汚れは落ちているのかと・・・。
松脂なんてちょっとやそっとの洗剤洗いでは取れていない気がして、ずっと疑問だったのですが、ようやく調べてみました。
案の定といいますか、松脂は水溶性ではないので普通の洗濯では落ちない、という記事があり、「じゃあどうするんだ!」という気持ちになってます(笑)
「松脂」を調べるとはクロロホルムや酢酸、エーテル、アルコールによく溶けるとありますが、前3者は無し!で、この中でいったらアルコールが適当そうですね。エタノールなら手に入るし。
その溶剤とアイロンで松脂を溶かし・・・・・・あぁ、そこまでして松脂をとるのか。でも汚い布で拭いていても意味ないしなぁ。葛藤。
でも今日は中性洗剤で洗っちゃったから、また今度♪
(試すことがあるかわかりません~)

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

先日、本番が終わってエンドピンにゴムを付けようとしたのですが、ゴムが見当たりません。どこに入れたか全
香月麗さんのインタビュー記事を掲載させていただきました。 香月さんは2017年に日本音楽コンクールで
今年も暑い夏となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。 チェロをいつも置いてある部屋があまりにも暑い
先日親指ポジションの練習をしていたのですが、左親指に小さな水ぶくれができてしまいました。元々、タコは
突然ですが、「たらい」を漢字で書くと 「盥」 です。どこからどう見ても“たらい”っぽい。 「水」を挟
on music project

Copyright(c) 2019 チェロカフェ All Rights Reserved.