Home » Cello-Cafeブログ » “いい演奏” 2017.5.8(月)

“いい演奏” 2017.5.8(月)

category : Cello-Cafeブログ 2017.5.8 

少し前に、立て続けにアマチュアの方々の演奏を聴く機会がありました。
ソロの発表会から、アンサンブルから、いろいろと聴いたのですが、中には難しいコンチェルトに取り組んでおられる方もいらっしゃって、とても素晴らしい演奏でした。たまには音がはずれたり、伴奏とずれたり、うまく音にならなかったり、いろいろ起きていても、本当に“いい演奏”でした。真摯にチェロに取り組み、チェロや音楽が好きな気持ちがすごく伝わってきましたし、どういう演奏をしたいのかもとてもよくわかりました。すごく惹きこまれて聴きました。
普段練習していると、うまく弾けない細かいところばかりに目が行ってしまいますが、もちろんその練習も大切ですが、そればかりになってはダメなんだと、再認識させられました。音が並んでいるだけではダメで、でも並んでいなさすぎるときっとちゃんと伝わらないからある程度は並んでいる方がいいだろうけれど(笑)、きれいに上手に弾けることがベストでもない気がしますし(綺麗に上手に弾けるだけでもすごいことだけれど!!)、いったい“いい演奏”というのはなんなんだろうか・・・と、考えそうになりますが、たぶん深みにはまるだけなので深く考えるのはやめておきます(笑)。
舞台であれだけのものを出し切れるということに対してまずすごく尊敬しますし、観客に表現や音色をちゃんと伝えられる、ああいう“魅力的な演奏”をできるようになりたいな、と思った今日この頃でした。

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

暑かった夏はいつの間にか姿を消し、気が付けば秋真っただ中です。 湿度が高く過酷だった夏を、楽器にはな
「胃腸薬チェロ」という薬をみつけました。特段胃腸がおかしかったわけではなく、たまたまドラッグストアで
楽器が持つ音色っていったいなんなのでしょうか。 楽器が同じでも弓が変われば全然違う顔を見せますし、楽
チェリストのカザルスによって世界中に広まった「鳥の歌」。1971年、94歳のカザルスが国連平和賞受賞
この春は「須磨浦普賢象(すまうらふげんぞう)」という八重桜を見ました。ソメイヨシノが咲ききって、もう
on music project

Copyright(c) 2022 チェロカフェ All Rights Reserved.