Home » Cello-Cafeブログ » ミハル・カニュカ氏によるマスタークラスを開催しました! 2015.6.30(火)

ミハル・カニュカ氏によるマスタークラスを開催しました! 2015.6.30(火)

category : Cello-Cafeブログ 2015.6.30 

世界の第一線でご活躍のチェコの弦楽四重奏団“プラジャーク・クヮルテット”のチェロ奏者 ミハル・カニュカ氏によるマスタークラスを、2015.6.28(日)、29(月)の2日間に渡り開催いたしました。受講生の皆様、ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。
口伝えでのお知らせのみでたくさんの受講生の皆様からご応募があったため、HP上では告知することなく開催にいたりました。広くお知らせできずに申し訳ありません。

私は受付にいながらレッスンの様子をうかがっておりましたが、みなさん指導を受けるにつれてどんどん音楽が変わっていったのが大変印象的でした。

↓こちらは1日目にカルテットで受講されたみなさんです。カニュカさんは口頭でのアドヴァイスに加えて、歌いながらや、身振り手振りも交えてレッスンを進めていらっしゃいました。ときには笑い声もあり、楽しそうなレッスンでした。
karutetto

↓こちらは2日目にチェロとピアノで受講された方々です。チェロを弾きながらの指導もあり、大変刺激的だったことと思います!
IMG_2127

私にとって世界的なチェリストであるミハル・カニュカ氏とこうしてお会いするのはもちろん初めてのことで、とても緊張しましたが、気さくに応じてくださったおかげで次第にこちらの緊張もほぐれていきました。本当に素敵な方でした。とても貴重な時間を持つことができて幸せです。
前日に行われたカニュカさんの演奏会にももちろん足を運びましたが、もっとずっと聴いていたい、この時間がもっともっと続いて欲しいと思うような本当に素晴らしい演奏でした。

受講生の皆様が、今回のレッスンで学ばれたことを生かし今後益々ご活躍されることを願っております。

カニュカさん、受講生の皆様、このような機会を与えてくださった皆々様、本当にありがとうございました。

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

チェリストのカザルスによって世界中に広まった「鳥の歌」。1971年、94歳のカザルスが国連平和賞受賞
この春は「須磨浦普賢象(すまうらふげんぞう)」という八重桜を見ました。ソメイヨシノが咲ききって、もう
桜も咲き始めやっと春を感じられる季節になってきました。それにしても今年の冬は寒かった気がします。 冬
今日は猫の日ですね。猫はかわいいです。 猫といえば「猫ふんじゃった」という曲があります。楽譜にすると
今日は節分です。節分には鬼退治をします。 鬼というと、頭に角が生えていて、髪はもじゃもじゃで、虎の模
on music project

Copyright(c) 2022 チェロカフェ All Rights Reserved.