Home » Cello-Cafeブログ » 同じ曲を、違うメンバーで 2016.8.2(火)

同じ曲を、違うメンバーで 2016.8.2(火)

category : Cello-Cafeブログ 2016.8.2 

同じ曲を全く違うメンバーで弾くと、全然違って面白いです。しかし、その日限りの遊びで弾いているだけならいいのですが、2つの本番が近いと、ちゃんと弾き分けができるのか結構心配になります。でも、1グループ目の方は既に何度も練習を積んでいるのでそちらが自分のベースになっていて、2グループ目の方は、それに比べてどうなっているかという捉え方で、今のところはなんとか弾き分けられそうです。相手がやりたいことをちゃんとキャッチできれば、自然にそれぞれの弾き方になる気はしますが、ついうっかり違うことをやったらどうしようという一抹の不安が・・・。自分がけしかけるところは、気をつけていないと、「前にもっていくはずだったのにもっていき忘れた!」とかなると(笑)、自分のせいで次に続く人の出鼻をくじく形になっておかしなことに~~~。逆はもっと怖いか。急にけしかけて、みんなを混乱に陥れる、という・・・これは笑えない。練習するときは、それぞれのメンバーの顔を思い浮かべてどっちのグループの練習をしているか明確にしてやろうと思います。
でも、意外と発見があって勉強になります。1つのグループだけでやっていると、我々の少ない引き出しを寄せ集めてもすぐに限界がくるのですが(笑)、全く違った風を感じることができて、そういうやり方もあるのか、とふむふむと思ってアンサンブルしていました。これまで同じ曲を近い本番で弾くことは一度もなかったので、初めての試練です(笑)。まあ、それより単純にどちらも信頼できる方々・仲間との演奏で楽しいので、頑張ります!

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

チェリストのカザルスによって世界中に広まった「鳥の歌」。1971年、94歳のカザルスが国連平和賞受賞
この春は「須磨浦普賢象(すまうらふげんぞう)」という八重桜を見ました。ソメイヨシノが咲ききって、もう
桜も咲き始めやっと春を感じられる季節になってきました。それにしても今年の冬は寒かった気がします。 冬
今日は猫の日ですね。猫はかわいいです。 猫といえば「猫ふんじゃった」という曲があります。楽譜にすると
今日は節分です。節分には鬼退治をします。 鬼というと、頭に角が生えていて、髪はもじゃもじゃで、虎の模
on music project

Copyright(c) 2022 チェロカフェ All Rights Reserved.