Home » Cello-Cafeブログ » 道しるべ 2020.8.12(水)

道しるべ 2020.8.12(水)

category : Cello-Cafeブログ 2020.8.12 

しばらく読まずに置いてあった本を読んでいます。
著者はもう亡くなられたのですが、アマチュアとして音楽に長く携わってこられた方で、音楽に携わってきたその方の歴史とともにいろいろな思いが書かれています。生前に短い期間でしたが私もお世話になったことがありますが、音楽に対して大変熱心で世代を超えて人望が厚い方、という印象がありました。本には、楽しかった出来事やハプニングなど笑いながら読める事柄の中に、時折苦悩も垣間見え、私の知らないその方の長い人生に思いを馳せる時間になっています。
音楽に対して近年私が抱えてきた疑問と似たようなことが書かれているのを目にし、これだけ音楽人生経験豊富な方でもかつては同じような思いに至ったことがあるのかと思い、気持ちを寄せる瞬間が何度かありました。本に書かれているのは一部でしょうから、私が考えることなどとうに何周もしていろいろな答えをみつけていらっしゃると思いますし、私がまだ見ぬ道もご存じであったと思います。ゆっくりお話しすることはもう叶わないので、残された本を自分のこれからの道の糧にしていきたいと思います。

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

2022年も残すところあと僅か。 今年、今更勉強になったこと。 「切手の縁の白いところが欠けてイラス
暑かった夏はいつの間にか姿を消し、気が付けば秋真っただ中です。 湿度が高く過酷だった夏を、楽器にはな
「胃腸薬チェロ」という薬をみつけました。特段胃腸がおかしかったわけではなく、たまたまドラッグストアで
楽器が持つ音色っていったいなんなのでしょうか。 楽器が同じでも弓が変われば全然違う顔を見せますし、楽
チェリストのカザルスによって世界中に広まった「鳥の歌」。1971年、94歳のカザルスが国連平和賞受賞
on music project

Copyright(c) 2022 チェロカフェ All Rights Reserved.