Home » Cello-Cafeブログ » 演奏会 2016.3.7(月)

演奏会 2016.3.7(月)

category : Cello-Cafeブログ 2016.3.7 

ここのところ、素晴らしい演奏会にいくつも出会ってしまいました。あまりの響きの豊かさに圧倒されたり、ありったけの感情を全身で感じたり、透明感のある澄んだ音色に感動したり、世の中の全てを包むような1発のピチカートに心奪われたり、目の前に作り出されていく音楽にわくわくしたり・・・まとめて書くからいけないですね(笑)、でもとにかく素晴らしかったのです。どの演奏会も一期一会ですから、同じ演奏家であっても同じ演奏は二度と聴けないのですが、それにしても「そうそう、大好きなこの演奏(音色)!」というのは一度もなくて、全てが“初めて”でした。感動。
技術的なことはこの際どちらでもよいのですが(笑)、pがppになり消えていく、最上級に美しいとしか言いようのないデクレッシェンドの1音を、なんとUP(上げ弓)で弾いていたとか、なんでそんなことが可能なのかまったくわかりませんが、そんな瞬間も二度見をするかのごとく目を見張ったりしていました。
もう、本当にありがとうございました!←もう誰にお礼を言っているのかわかりませんが(笑)

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

チェリストのカザルスによって世界中に広まった「鳥の歌」。1971年、94歳のカザルスが国連平和賞受賞
この春は「須磨浦普賢象(すまうらふげんぞう)」という八重桜を見ました。ソメイヨシノが咲ききって、もう
桜も咲き始めやっと春を感じられる季節になってきました。それにしても今年の冬は寒かった気がします。 冬
今日は猫の日ですね。猫はかわいいです。 猫といえば「猫ふんじゃった」という曲があります。楽譜にすると
今日は節分です。節分には鬼退治をします。 鬼というと、頭に角が生えていて、髪はもじゃもじゃで、虎の模
on music project

Copyright(c) 2022 チェロカフェ All Rights Reserved.