Home » Cello-Cafeブログ » 秋 2016.10.14(金)

秋 2016.10.14(金)

category : Cello-Cafeブログ 2016.10.14 

蒸し暑かった夏も終わったと思ったら、最近急に冷えてきました。秋がきましたね。
秋というと、「○○の秋」と言われ、芸術の秋、食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋などがありますが、やっぱり秋が最適なんでしょうかね。
「食欲の秋」はきっと動物的本能(?)から冬になる前に脂肪をつけておこうと、体が食べ物を欲する気がするので、わかる気がします。ついでに、つい食べ過ぎたときの言い訳にも「やっぱり食欲の秋だから!」なんて言えたりして好都合です(笑)。
芸術や読書、スポーツは春でもよさそうです。寒い冬が終わり、ようやく暖かくなって、いろいろなことへのやる気も出てきそうですが、春の場合は日によっては蒸し暑くなったりするので、春より秋の方が集中するのには適しているようです。それから、日が短くなって夜が長くなるので、読書には秋がふさわしいとのこと。「秋の夜長に読書を・・・」なんて、よく言われますしね。
チェロにも秋はほどよく乾燥していて、いい季節ですね。夏の湿度の高い感じも梅雨時のあのべたつくような感じもないですし、冬のように手が冷たくなることもない。春でもいいが、蒸し暑くなることを考えるとここは秋の方が適しているということにしておきましょう。

秋は過ごしやすいことに間違いはないし、結局、やっぱり秋がいいのかな!

せっかく「芸術の秋」、「食欲の秋」、「読書の秋」、「スポーツの秋」という言葉があるのだから、それをきっかけにして、普段やらないことをやってみるのもいいかもしれないですね。(と言いつつ、チェロは季節関係なく弾くし、本も季節に関係なく読むし、食欲は勝手に上がるだけだし、あと残るはスポーツか。来年の秋まで先延ばしします(笑)。)

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

暑かった夏はいつの間にか姿を消し、気が付けば秋真っただ中です。 湿度が高く過酷だった夏を、楽器にはな
「胃腸薬チェロ」という薬をみつけました。特段胃腸がおかしかったわけではなく、たまたまドラッグストアで
楽器が持つ音色っていったいなんなのでしょうか。 楽器が同じでも弓が変われば全然違う顔を見せますし、楽
チェリストのカザルスによって世界中に広まった「鳥の歌」。1971年、94歳のカザルスが国連平和賞受賞
この春は「須磨浦普賢象(すまうらふげんぞう)」という八重桜を見ました。ソメイヨシノが咲ききって、もう
on music project

Copyright(c) 2022 チェロカフェ All Rights Reserved.