Home » Cello-Cafeブログ » チェロが支えるということ 2014.4.25(金)

チェロが支えるということ 2014.4.25(金)

category : Cello-Cafeブログ 2014.4.25 

最近室内楽などやっているのですが、他の楽器を支えたり音楽を進めたりって本当に難しいなと、つくづく感じます。
まあ、前から思ってはいたんですけどね。
「チェロ弾きの仕事」として、自分の中に理想はいろいろあるんですが、どれもこれも遠すぎて(笑)
“普通に”弾いてるつもりでも、よどみを作っていたり、皆さんが軽快な足取りのときに重りとしてその足にまとわりついてみたり(?!)
ときにはみんなを追い越してみたり(笑)いやいや難しい。
でも、やっぱりやめられないのは、楽しい瞬間や嬉しい瞬間があるからなんだなと思います~。本当にありがたいことです。

IMG_0006

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

この春は「須磨浦普賢象(すまうらふげんぞう)」という八重桜を見ました。ソメイヨシノが咲ききって、もう
桜も咲き始めやっと春を感じられる季節になってきました。それにしても今年の冬は寒かった気がします。 冬
今日は猫の日ですね。猫はかわいいです。 猫といえば「猫ふんじゃった」という曲があります。楽譜にすると
今日は節分です。節分には鬼退治をします。 鬼というと、頭に角が生えていて、髪はもじゃもじゃで、虎の模
今年も残すところあと僅かになりました。 冬の寒い毎日を過ごしていると、子供の頃にやっていた「火の用心
on music project

Copyright(c) 2021 チェロカフェ All Rights Reserved.