Home » Cello-Cafeブログ » シマトネリコの木 2017.8.8(火)

シマトネリコの木 2017.8.8(火)

category : Cello-Cafeブログ 2017.8.8 

シマトネリコ

街路樹として「シマトネリコ」という植物が植えられている通りがあり、ふと見上げてみると黄緑色の葉のような、でも葉でも花でもないようなものがあり、気になって調べてみたところ、“種”でした。
6月~7月にかけて小さい白い花を咲かせるようで、そう言えばそんな花が咲いていたのを見たような・・・。何気なく通り過ぎているだけだと、見ているようで見ていないものですね。秋になると、この種が茶色く熟すようです。
この種の形状からして、羽のような役割で種を遠くに飛ばそうとするのでしょうか?よくそんなふうに進化したな、と本当に不思議です。
庭木としても最近流行っているようなので、この木が庭にあるという方も意外と多いのかもしれません。
たまにしか通らない道ですが、これから通るたびに木の様子が気になりそうです。

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

しばらく読まずに置いてあった本を読んでいます。 著者はもう亡くなられたのですが、アマチュアとして音楽
世界でご活躍のフランス出身のチェリスト、フランソワ・サルクさんにインタビューさせていただきました。
あけましておめでとうございます。 今年もどうぞよろしくお願いいたします。 今年はネズミ年。 ネズミと
チェロを持って歩いていたら、「それはヴィオラですか?」と声をかけられました。コントラバスとかギターと
先日、本番が終わってエンドピンにゴムを付けようとしたのですが、ゴムが見当たりません。どこに入れたか全
on music project

Copyright(c) 2019 チェロカフェ All Rights Reserved.