Home » Cello-Cafeブログ » シマトネリコの木 2017.8.8(火)

シマトネリコの木 2017.8.8(火)

category : Cello-Cafeブログ 2017.8.8 

シマトネリコ

街路樹として「シマトネリコ」という植物が植えられている通りがあり、ふと見上げてみると黄緑色の葉のような、でも葉でも花でもないようなものがあり、気になって調べてみたところ、“種”でした。
6月~7月にかけて小さい白い花を咲かせるようで、そう言えばそんな花が咲いていたのを見たような・・・。何気なく通り過ぎているだけだと、見ているようで見ていないものですね。秋になると、この種が茶色く熟すようです。
この種の形状からして、羽のような役割で種を遠くに飛ばそうとするのでしょうか?よくそんなふうに進化したな、と本当に不思議です。
庭木としても最近流行っているようなので、この木が庭にあるという方も意外と多いのかもしれません。
たまにしか通らない道ですが、これから通るたびに木の様子が気になりそうです。

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

フウセンカズラの種を蒔いてみたところ、芽が出てきました! このフウセンカズラの種は昨年の秋にいただい
あっという間に桜が咲きましたが、お花見は行かれましたでしょうか。 先日ふらっとお花見しましたが、淡い
チェロカフェで大変お世話になっているチェリストの紫竹友梨さんが、CDを発売されました♪♪ 2014年
高校生の男子の隣でチェロを弾く機会がありました。 昨年はまだ中学生だった彼とは1年ぶりの再会でしたが
チェリスト伊藤悠貴さんのインタビュー記事をUPしました。いつものことながら長文になってしまいましたが
on music project

Copyright(c) 2018 チェロカフェ All Rights Reserved.