Home » Cello-Cafeブログ » 恩師 2014.5.29(木)

恩師 2014.5.29(木)

category : Cello-Cafeブログ 2014.5.29 

先日、中学時代の恩師に○十年ぶりにお会いする機会がありました。

クラス担任ではなく、ただの教科担任として受け持っていただいただけだったので、まさか自分のことなど覚えていないと思ったら、覚えていてくださったのです。
その日にお会いすることが事前にわかっていたので、名前くらいは復習しておけば覚えているフリもできるな、などと最初は疑いをもった目で(笑)お話していたのですが、中学時代にどうだったかとか話が深くなるにつれ、これは本当に覚えていてくださったのだな、と。お世話になった先生を疑ったりして申し訳ないです(笑)

でも本当に嬉しかった!

たくさん生徒を見てきているだろうに、そんな一生徒それぞれのことを思い出して下さるなんて、感激です。
生徒からとても慕われ人望の厚い先生で、授業もとても楽しかったので、こちらも先生の授業はいろいろと覚えています。そんな授業の話をしてみたら、逆に「授業のことまで覚えていてくれるなんてそれは嬉しいな~!」と。

あの頃から○十年経って、当時の先生の年齢を超えてしまった私たちでしたが、あの頃の先生はそんなに若かったのか?!とびっくりしました。生徒にとって先生は“すごく大人”な存在なので、こうして大人になって話してみると、意外と自分たちと歳が近いような・・・?!なんだか不思議でしたが、そうは言っても先生は先生、とても対等な社会人でも上司でもありません。

先生ってきっと大変でしょうが、素敵なお仕事ですね。そう言えば高校生の頃、将来を考えた時に“先生”という職業が頭をかすめたことがありましたが、向いていないと思い一瞬でやめましたけど(笑)

帰ってからあれも話せばよかったとか、このことは伝えなくてはいけなかったなとか、たった数時間でしたが昔に引き戻されていろいろ思い出しました。次にお会いする機会がもしあるなら、今回伝え忘れたことと、それから堂々と近況報告できるようになっていたいと思います。
先生、ありがとうございました!

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

最近急に冷えてきました。11月も半ばですから日に日に冬に近づいているということでしょうね。 先日、友
先日、1年半ぶりくらいにお会いした方に思わず「髪型変わりましたね!」と言ってしまったのですが、私が前
少し前に「フウセンカズラ」の種をいただきました。 くださった方の庭先に植えられているフウセンカズラが
街路樹として「シマトネリコ」という植物が植えられている通りがあり、ふと見上げてみると黄緑色の葉のよう
先日、バロックチェロとヴィオラ・ダ・ガンバを弾く機会がありました。 バロックチェロはエンドピンがない
on music project

Copyright(c) 2017 チェロカフェ All Rights Reserved.