Home » Cello-Cafeブログ » 虫の声 2016.9.5(月)

虫の声 2016.9.5(月)

category : Cello-Cafeブログ 2016.9.5 

蝉の鳴き声がいつの間にか聞こえなくなったと思っていたら、虫の声が聞こえる今日この頃。
♪あれマツムシがないている~♪
とこの歌を口ずさむこともありませんが、この歌に出てくる虫たちを調べてみると、昔はマツムシのことを「スズムシ」、スズムシのことを「マツムシ」と言っていたとか、2番の歌詞に出てくるのが「キリギリス」のバージョンと「コオロギ」のバージョンがあって(自分が昔どっちを歌っていたか全く記憶がありませんが・・・)、それも昔々にキリギリスとコオロギを取り違えていたからだとか、なんだかちょっと混乱(笑)
ただ、マツムシをスズムシ、スズムシをマツムシと言ったというのは、マツムシの声を“鈴の音”と感じ、スズムシの声を“松林を渡る風”と感じたからだとも言われているみたいで、単に間違えていた訳ではないんだな(笑)と風情を感じました。
昔々の人からしたら、むしろ現代の我々が名前を取り違えてるっていうことになるのかもしれませんが、結局スズムシをスズムシと言い、マツムシをマツムシと言うようになったのは、なぜなんでしょう。「やっぱり鈴の音に近いのはこっちの虫じゃない~?」とかそんな軽いノリで決まった訳ではないと思いますが、気になるところです。

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

「胃腸薬チェロ」という薬をみつけました。特段胃腸がおかしかったわけではなく、たまたまドラッグストアで
楽器が持つ音色っていったいなんなのでしょうか。 楽器が同じでも弓が変われば全然違う顔を見せますし、楽
チェリストのカザルスによって世界中に広まった「鳥の歌」。1971年、94歳のカザルスが国連平和賞受賞
この春は「須磨浦普賢象(すまうらふげんぞう)」という八重桜を見ました。ソメイヨシノが咲ききって、もう
桜も咲き始めやっと春を感じられる季節になってきました。それにしても今年の冬は寒かった気がします。 冬
on music project

Copyright(c) 2022 チェロカフェ All Rights Reserved.