Home » Cello-Cafeブログ » ピアノ分解 2018.10.6(土)

ピアノ分解 2018.10.6(土)

category : Cello-Cafeブログ 2018.10.6 

とある施設に行ったら、ちょうどピアノを分解して調整していました。
分解されたピアノを初めて目にしたので、衝撃と興味であちこち見てしまいました。
了承をいただいたので写真を撮らせていただきました。
ピアノ1  ピアノ2
鍵盤って、見えない部分はまっすぐになっているわけではないのですね。鍵盤を叩いたときの重さを調整するために、一つ一つの鍵盤にそれぞれおもりを入れてバランスがとれるようにしているとか、見えないところにいろいろな工夫がされているのですね。
いったいいつだれが最初にこういう仕組みの楽器を考えたのでしょう。

ということで、ちょっと調べてみたら、イタリアのバルトロメオ・クリストフォリ・ディ・フランチェスコさんが発明したそうで、1700年にはピアノは既に存在していたようです。ただ、19世紀にさらに改良が加えられるまでは、当時は今よりも単純な構造だったみたいです。彼は、チェンバロの音が強弱の変化に乏しいことを不満に思ってピアノを発明したそうですが、やはり“必要は発明の母”というところでしょうか。バルトロメオ・クリストフォリ・ディ・フランチェスコさんのおかげで、今素敵なピアノの曲をたくさん聴けるのですね!

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

突然ですが、「たらい」を漢字で書くと 「盥」 です。どこからどう見ても“たらい”っぽい。 「水」を挟
細かいパッセージがうまく弾けなかったので、ちゃんと(?)弾けるようになりたいと思い、練習したら少しは
寒い寒いと思っていたらここ最近は寒さが少し和らぎ、もうすぐ3月ですね。 梅の花が綺麗に咲いています。
同じ曲に何年かぶりに取り組んで、以前使った楽譜を開いてみると、自分が書き込んだ指示が今回と真逆だった
とある施設に行ったら、ちょうどピアノを分解して調整していました。 分解されたピアノを初めて目にしたの
on music project

Copyright(c) 2018 チェロカフェ All Rights Reserved.