Home » Cello-Cafeブログ » リプトン弦楽四重奏団 2014.10.31(金)

リプトン弦楽四重奏団 2014.10.31(金)

category : Cello-Cafeブログ 2014.10.31 

IMG_1142
リプトン弦楽四重奏団のランチタイムコンサートを聴きに行ってきました。
このリプトン弦楽四重奏団のチェロは、チェロカフェでチェロ講師をして下さっている紫竹友梨先生です!
休憩なしで1時間ほどのコンサートを1,000円で聴けるという、お手軽なコンサート。「どこかで1度は聞いたことがある」曲ばかりで、楽しいコンサートでした♪
アンダーソンの「プリンク・プランク・プルンク」ではチェロさん楽器をくるっと回す”技”??をやっていて、1階席のお客さんさちはザワザワと楽しそうでした!目の前で突然楽器を回されたらびっくりしますね(笑)ほとんどの曲がオーケストラやピアノの曲を弦楽四重奏バージョンにして演奏されていたのですが、1曲だけちゃんとした(?)弦楽四重奏曲の曲を弾いてくださいました~。メンデルスゾーンの弦楽四重奏曲第3番より第1楽章。この曲が練習も一番大変だったと仰っていましたが、やはり元々弦楽四重奏用に作られたんだなという感じで、曲も素敵ですし、演奏も素晴らしかったです♪

リプトン弦楽四重奏団は以前にも聴いたことがあったのですが、以前よりも一段と結束力が強まっている感じがしました!!楽しいコンサートをありがとうございました☆

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

最近急に冷えてきました。11月も半ばですから日に日に冬に近づいているということでしょうね。 先日、友
先日、1年半ぶりくらいにお会いした方に思わず「髪型変わりましたね!」と言ってしまったのですが、私が前
少し前に「フウセンカズラ」の種をいただきました。 くださった方の庭先に植えられているフウセンカズラが
街路樹として「シマトネリコ」という植物が植えられている通りがあり、ふと見上げてみると黄緑色の葉のよう
先日、バロックチェロとヴィオラ・ダ・ガンバを弾く機会がありました。 バロックチェロはエンドピンがない
on music project

Copyright(c) 2017 チェロカフェ All Rights Reserved.