Home » Cello-Cafeブログ » 神棚の榊 2014.6.26(木)

神棚の榊 2014.6.26(木)

category : Cello-Cafeブログ 2014.6.26 

家に神棚があり、榊をお供えしてあるのですが、その榊をいつ新しいものに取り換えるかいつも迷います。
毎日お水を交換し(たまに忘れます。神様申し訳ありません)葉を見るのですが、全然枯れる気配がないのでどうしようかと。日が経つとさすがに少しずつ枯れて葉が減ってくるので、そろそろ新しい榊と取り換えようかとも思うのですが、神聖なものだしまだ生きていると思うと簡単に捨てては行かん!と思って、結局葉が減ってきた榊を見上げながらそのままです。
ある時期から国産の榊を買うようになって、それがすごく寿命が長いのです。まだ、燃やすなりできれば気持ちも違うと思いますが、可燃ごみにポイッと捨てるのはどうも忍びなくて・・・。いよいよ葉が落ちてスカスカになってきたぞ、と思った時、ようやく新しい榊と取り換えます。
調べると「毎月1日と15日に榊を取り換える」と書いてあったりしますが、一方では「枯れなければ気にせず、決まった日に取り換える必要はない」という記事もあります。2週間程度ではまだ相当生き生きしてしていますので、私はこれまでどおり後者でやっていこうと思います。
ネットって、180度違うことが書かれていたりいろいろですが、自分にとって都合のよい方の情報を信じるというか、その情報をみつけて安心するというか、、、都合いいですね(笑)

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

突然ですが、「たらい」を漢字で書くと 「盥」 です。どこからどう見ても“たらい”っぽい。 「水」を挟
細かいパッセージがうまく弾けなかったので、ちゃんと(?)弾けるようになりたいと思い、練習したら少しは
寒い寒いと思っていたらここ最近は寒さが少し和らぎ、もうすぐ3月ですね。 梅の花が綺麗に咲いています。
同じ曲に何年かぶりに取り組んで、以前使った楽譜を開いてみると、自分が書き込んだ指示が今回と真逆だった
とある施設に行ったら、ちょうどピアノを分解して調整していました。 分解されたピアノを初めて目にしたの
on music project

Copyright(c) 2018 チェロカフェ All Rights Reserved.