Home » Cello-Cafeブログ » チェロが支えるということ 2014.4.25(金)

チェロが支えるということ 2014.4.25(金)

category : Cello-Cafeブログ 2014.4.25 

最近室内楽などやっているのですが、他の楽器を支えたり音楽を進めたりって本当に難しいなと、つくづく感じます。
まあ、前から思ってはいたんですけどね。
「チェロ弾きの仕事」として、自分の中に理想はいろいろあるんですが、どれもこれも遠すぎて(笑)
“普通に”弾いてるつもりでも、よどみを作っていたり、皆さんが軽快な足取りのときに重りとしてその足にまとわりついてみたり(?!)
ときにはみんなを追い越してみたり(笑)いやいや難しい。
でも、やっぱりやめられないのは、楽しい瞬間や嬉しい瞬間があるからなんだなと思います~。本当にありがたいことです。

IMG_0006

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

寒い寒いと思っていたらここ最近は寒さが少し和らぎ、もうすぐ3月ですね。 梅の花が綺麗に咲いています。
同じ曲に何年かぶりに取り組んで、以前使った楽譜を開いてみると、自分が書き込んだ指示が今回と真逆だった
とある施設に行ったら、ちょうどピアノを分解して調整していました。 分解されたピアノを初めて目にしたの
自分のチェロの左側面を何気なく見てみたら、初めて見たかのような新鮮さがありました。 こんな模様だった
フウセンカズラの種を蒔いてみたところ、芽が出てきました! このフウセンカズラの種は昨年の秋にいただい
on music project

Copyright(c) 2018 チェロカフェ All Rights Reserved.